腰痛コルセットおすすめ!メリットデメリットを知り賢く使いこなそう

コルセットは腰の痛みを軽減してくれたり、周りの筋肉をサポートしてくれたり、とても力強い効果があります。

でも、コルセットに頼りすぎると、筋力が衰えて自分の力で体を支えるのが大変になってくることをご存知ですか?

コルセットをつけているのが楽だからといって、使い続けるのはよくないのです。
 

腰痛 コルセット着用のメリット


腰痛コルセットは腰の痛みを抑える


コルセットはもともと腰痛ベルトなので、腰痛を抑える効果があります。

腰痛がひどい時に着用することで、腰の周りの筋肉をサポートして、痛みを軽減してくれます。

コルセットには色々な種類があり、骨盤に巻くものやおなかの周りに巻くものもあります。

腹筋の代わりに体を支えてくれるので安心感が増加します。

関節に痛みが生じ、体を支えるのが辛い時や おなかに力が入りにくい時に、痛みの軽減してくれるので動きやすくなります。

腰痛コルセットで姿勢が安定する


骨盤をコルセットで固定すれば、姿勢を矯正する効果があります。

つけているだけで見た目がきちっとしてくれるのはとても嬉しいですね。

体が動きやすくなったり、深く美しい呼吸が可能になるなど、色々な改善効果が期待できます。

腰痛コルセットで痛みが軽減すれば病院に行かないで済む


コルセットで痛みが軽減され、日常生活が送れるなら、病院に行かなくてすみます。

病院だと治療費もかさみますが、コルセットはドラッグストアなどでも気軽に入手できますし、ひとつだけ持っているだけでいいのでリーズナブルで経済的です。

また、湿布薬や外用薬を使わなくて済むので、周りの人にも匂いで気を遣うことがなくなるのも良いですね。
 

 

腰痛コルセット着用のデメリット


腰痛コルセットを使い続けると筋肉が衰えてくる


コルセットの役割は、腹筋など自分の筋肉の代わりに体を支えるてくるというものです。

ですから、痛みがあるからといって常にコルセットを使い続けると、自分の筋肉を使うことなく活動を続けてしまうため、筋肉を使う機会がなくなってしまいます。

そしてそれは筋力の低下を招きます。

いざコルセットを外した時に、急なだるさを感じたり、筋肉の疲労を起こしやすく、自分の力で体を支えることが困難になってきます。

なので、長時間つけすぎないようにしましょう。

腰痛コルセットに治癒力はない!「コルセット中毒」に注意!


コルセットは痛みをサポートしてくれますが、治癒能力はないので、痛みがひどい場合は病院で検査することも大切です。

慢性的な腰痛が原因でコルセットをつけている人は、常にコルセットを着用し続けて手放せなくなり、筋肉が衰えて日常生活が困難になってきます。

そんな「コルセット中毒」になると大変なので、きちんと考えて利用することが大切です。

腰痛コルセットをつけると蒸れてきたり、少々おしゃれ度が下がる


コルセットを使い続けると、蒸れてしまったり 夏場は暑くて大変です。

また、コルセットはごつくて太く見えてしまうため、ウエストが太くなってしまいます。

腰痛などの痛みを軽減するために使うので、動きやすいジャージなどの着用も多くなり、若干 おしゃれ度が下がります。

しかし、服の上からはコルセットは見えないので、おしゃれな服を着たりすることは可能です。
  
このように、腰痛コルセットには一長一短がありますが、それらを踏まえながら痛みを抑える使い方をすることが大切ですね。