車のガラスのウォータースポット(水垢 ウロコ)の除去と防止法

ある時ふと見ると、愛車のウィンドウガラスにうろこ状の汚れが。

これがいくら洗車しても全く取れず、ゴシゴシ雑巾で拭いても、油膜汚れ落としを使っても全く除去できず。

いったいどうすればいいの?という経験があるのではないですか。

大丈夫。素人のあなたにも出来る、こんな困ったちゃんを取り除く方法があります。

ウォータースポットの除去とは?


ウォータースポットの除去
「ウォータースポット」「うろこ」と呼ばれるガラスの頑固な水垢は、埃や泥、油膜などの単なる汚れとは違ったものです。

排気ガスの成分などの空気中の汚れが雨に溶けこんだものや、洗車の水道水に混じる不純物が原因です。

ガラスに着いた水滴が乾燥する際、それらがガラスの表面に残り、時には太陽光の熱で化学変化して固く固着したものなのです。

だから水洗いや油膜落としでは落ちないのです。

ガラスの水垢の落とし方カー用品店に売っているウインドウガラスの水垢専門クリーナーを使います。



単なる油膜取りやクリーナーではなく、「うろこ取り」「ガラスのウォータースポット除去」などと謳っているクリーナーを選んで下さい。

この種のガラスクリーナーは、基本的にはコンパウンド、つまり磨き粉が入っている研磨剤です。

この研磨剤で、頑固に固着した堅い汚れを物理的に擦り落そうということです。

まず水洗いで泥や砂ぼこりを洗い流します。

研磨剤でごしごし擦るので、固い粒子の砂などが付着したままではガラスを傷つけてしまう可能性もあるからです。

それから用意したクリーナーをガラスに塗って丹念に根気よく擦ります。

その後、水洗いしてクリーナーを落とし、まだ水垢が残っていれば再度同じ作業を行います。

水垢汚れの程度にもよりますが、一度で綺麗なる事はないでしょう。

大抵は何度か繰り返す必要があり、結構手間は掛かる事を覚悟してください。

でもこれで大概は落とせるはずです。


水垢付着の防止法


ウォータースポットの除去
水垢落としをやってみて、きっとあなたは「こりゃ、大変だ!」と感じる事でしょう。

二度とこんな辛い思いはしたくないと考えて、水垢予防が出来ればと思うでしょう。

そんな時にはガラスコーティングをしてみましょう。

簡単なのは、塗るだけで雨降りでも前が見やすくなるというコーティング剤です。

うろこ状の水垢の原因がガラス上に残った水滴ですから、水滴が出来ずに流れてしまうこの種のコーティング剤はある程度有効です。



でも水滴を皆無にすることは出来ませんから、完全ではありません。

窓枠やワイパーの下部などは元々、水分が残り易く、そんな個所に水垢が付着し易いのです。

また一度雨中でワイパーを使うとコーティングは取れてしまいます。

やはり、水垢が付かない様にする為には、ウィンドウが濡れたら出来るだけ早く水分を拭き取る事が第一です。

雨の場合はなかなか出来ないかもしれませんが、少なくとも洗車後は手抜きせずに必ず拭き上げましょう。

研磨剤の知識水垢用ガラスクリーナーは研磨剤だと説明しましたが、同じ研磨剤ならと、台所のステンレスシンク用クレンザーや食器用研磨剤は絶対使わないで下さい。

下手をするとウィンドウガラスがスリガラスになってしまいます。

研磨剤は対象物によって粒子の堅さが変わってきます。

ガラスにはそれ専用の粒子が配合されています。

また逆にガラスクリーナーが残ったからと、ボディの水垢落としに使う事も厳禁です。

ボディの艶が無くなってしまいます。ご注意を。



洗車マニアの為の『次世代プロテクトコート剤』と『ベースコート剤』


『プロテクトコート剤』
噴射してふき取るだけでプロ中のプロが使ってる本格的なガラスコートと同じ程度の機能をもつコーティング剤です。
数々のコーティング剤を試してきたけど、納得できるものにならない・・・というお悩みを持っている方にこそオススメしたい商品です!
独自の成分吸着処方でコーティング剤をボディに吸着させることにより持久性は優秀。
透き通る感じとつやで美しく仕上げます。

『ベースコート剤』実際のところ車であっても大事な「ベース」の役割を担うベースコート剤です。
クルマ状態があんまりよくない時はベースコートを利用してからコーティング剤を使用するのがおすすめです。

▼くわしくはこちら▼