タウ事故車買取サービスは水没や事故廃車同然の自動車を買い取り!

事故車とは?中古車屋でも事故車売ってるの?

事故車と聞いて最初の思い浮かぶのは、事故を起こした車で多くの人は、ボロボロ・ガタガタというイメージが強いと思います。

中古車業界の事故車の基準は、財団法人日本自動車査定協会などで定められた、事故車の定義と修復歴の定義があります。

事故車とは、その言葉通り事故を起こした・起こされた車・災害などに遭った経歴がある車です。

事故の大きさに関係なく履歴が残り、それを事故歴と言います。

修復歴とは、骨格部が損傷して、修正や交換をした経歴のことを言います。

中古車販売店などでは、修復歴のある車(フレーム修正や安全性が失われる可能性のある車など)を事故車と呼び、修復歴ありと記載しています。

車の骨格に問題がなく、外装の修理(ドアのへこみ・ライトの破損・バンパー交換など)では、事故車とは認めず、一般扱いで中古車販売をしています。

修復歴ありで修理する車もありますが、破損が大きいと 概算見積もりの段階で 同等の中古車の価格以上の修理の見積もりが出る場合があります。

その場合「修理するより買ったほうが安い」ということで廃車にされることが多く、さまざまな手数料が発生してしまいます。

手数料がもったいない、まだ使える部品があるのに、という相談が修理工場に多く寄せられたりもします。

こうした自動車でも買取ってくれる、事故車を専門に買取するのが事故車買取の<タウ>です。

事故車も買取するの?事故車なのに値段がつくのはなぜ?

車買取と聞くと、買取専門業者・カーディーラーなどを思い浮かべますが、一般の買取業者では事故車の場合、二束三文か最悪では各種手数料がかかってマイナスになるケースもありえます。

また事故を起こし、ダメージが大きすぎると、クルマの価値より修理代が上回ることがあります。

ちょっとしたダメージなら板金修理で済みますが、激しい衝突でエアバッグが開いたり、エンジンまでダメージがある、フレームまで歪んだ、水没し動かなくなったなどの場合、修理代が100万円を超えることも多いです。

そうなると、修理を諦めて 廃車を選択する人が多いかもしれません。

しかし、最近では事故車買取業者があり、事故車をリサイクルをするという方向に変わってきています。

事故を起こして動かなくなった車・水没車・過走行車・放置した車などでも、値段がつくようになりました。

では、どうして事故車に値段がつくのか?

事故車=買取不可と思われがちですが、そんなことはありません。

事故車でも使える部品を最大限利用したり、事故車を輸出することで利益を見込めるため、事故車専門の買取業者が存在します。

海外では一般的に事故の有無に対してのこだわりは日本よりも低く、日本のように縁起が悪いなどという意識が少ないため 需要があります。

中古車買取業者と比べると 事故車買取業者の認知度は低く、事故車の査定って面倒そう、一体いくらで買ってくれるの?、あやしい会社がやってるんじゃないの?という意見が多いですが、タウのような事故車を専門に買取する業者があります。
 
 

車買取業者と事故車買取業者の大きな違い

中古車買取業者はよくテレビCMなどで目にしますが、事故車買取業者はあまり知られていません。

中古車買取業者は、買取をして中古車として販売するため、査定士が事故修復歴がないかを細かくチェックします。

販売が目的のため、車種・年式・色・走行距離など状態の良い人気車種に高額な値段がつきます。

そのため、あまり需要の少ない車、人気がない・色が好まれない・年式が古い・過走行車などが査定のマイナス対象になります。

一方で事故車買取業者は、事故車をリサイクルする目的が強く、査定士の見るポイントは、どれだけ使える部品があるかです。

事故車から取り外して使える部品は、中古パーツとして販売し、車両は海外輸出をしています。

そのため、中古車買取業者と事故車買取業者の買取価格の差が出ます。

中古車買取業者やカーディーラーなどで査定額0円という話がざらにありますが、タウは、人気がない・色が好まれない・年式が古い・過走行車などや、廃車同然の車も買取が可能です。
 

事故車買取業者「タウ」の査定から買取までの流れ

誰もが予測できない交通事故。

交通ルールを守っていても事故の確率は0ではありません。

自分は気を付けていても、追突や出会い頭など十分注意していても防げない事故もあります。

ハンドルを握っていれば ヒヤリ・ハット(危険な目に遭いそうになって、ひやりとしたり、はっとしたりすること)な経験が誰にでもあります。

交通事故で最も多いパターンは

1位:追突事故(人身事故の31.4%)
2位:出会い頭事故(〃12.9%)
3位:右左折時衝突(〃6.4%)
(平成28年中の交通事故発生状況より)

交通事故で追突事故が最も多く「わき見運転」「ぼーっとしていた」「携帯電話の操作」などの理由があげられています。

自分は安全運転をしていても、完全に避けることがでない事故もあります。

事故を起こした場合、車も損傷し最悪廃車の選択をしなくてはならない場合もあります。

そんなとき、タウでは自走できなくなった車でも買取をしてくれます。

「事故車だから難しそう」ということはなく、手続き簡単です。

事故車買取のタウは出張無料なので、手間はかかりません。

1:電話で仮査定の依頼→車の年式や損傷状態を説明

2:仮査定額を提示

3:仮査定額に納得したら、正確な査定額を提示するため、車の保管先まで無料出張査定

4:本査定額の提示

5:契約→名義変更書類の送付

6:車の引き取り

一般の中古買取業者と手続きの方法は変わらないのでスムーズに取引ができます。
 
 

事故車買取業者「タウ」の売却シュミレーターと査定

全国で車買取業者の大半が中古車の買い取りを占めています。

一般的な車買取業者は、買い取りした車を整備してピカピカに磨いて販売します。

中古車の買い取り業者は全国にたくさんありますが、事故車を高価買取してくれる業者は意外と少なく、あまり知られていません。

事故車買取業者は、事故を起こし不動になった車や、水没した車、もう廃車と決めつけられていた車を、1日に100台以上も査定をしています。

事故車の買取後の販売先が世界中にあるため、車種や年式にこだわらず、さまざまな車を買取してもらえます。

日本では、事故車の需要は少なく、事故車買取業者では事故車からの部品取りや海外へ販売するため、高額買い取りが可能となっています。

事故車買取業者の買い取り査定は、事故のダメージの具合により買取金額が決まります。

そのため、一度車を見せる必要がありますが、全国無料出張なので手間はかかりません。

タウには実際の事故車買取例があり、事故車売却シミュレーターがあります。

誰でも簡単に事故車査定のシュミレーションができるので、大体の買取の目安がわかります。
 

事故車をいくらで買い取ってもらえるのか?「タウ」の買取事例

事故車でも本当に買い取ってもらえるのか?

買い取ったとしても二束三文、お小遣い程度ではないのか?

売る側としてはこんな疑問をもたれると思います。

どんな状態の車を大体いくらで買い取りをしてくれるのかがいちばん気になるところですが、タウでは、ひどく損傷した事故車・エンジン故障・水没・火災車両買取可能です。

あなたの愛車もいくらになるか、査定額の目安がわかる「事故車売却シミュレーター」を使って査定してみましょう。
 

タイトルとURLをコピーしました