【蒲郡市竹島水族館】ショボいのに大人気超ビンボー水族館が楽しい!

水族館プロデューサーが絶賛!竹島水族館は「絶対行くべき水族館」

 
全ての水族館をまわり続ける男、水族館プロデューサー中村元(なかむらはじめ)さんがマツコの知らない世界に登場したとき「絶対行くべき水族館!」と紹介されていた水族館のひとつがここで紹介する蒲郡市竹島水族館です。

中村さんいわく、竹島水族館は「超ビンボー水族館」

大きな水族館のようなすばらしい設備やショーがなくても、お客さんがたくさん入る竹島水族館の魅力とは?

 

ビンボー水族館がバカうけ!竹島水族館(愛知県蒲郡市)


 
実は愛知県蒲郡市にある竹島水族館は廃業寸前のビンボー水族館でした。

ところが1つの工夫で廃業の危機から復活したのです。

竹島水族館は開園から60年以上経つ、何の変哲もない水族館。


 
「正直、しょぼいです! 竹島水族館に水塊なんか1個もない!」

・・・と中村さんが言うとおり、外観もパッとしませんし、内部も え!?と思うほど狭いです。

そんな水族館が、今や 休日には行列を作るほどの大人気水族館となっているのです。

そこにはどんな秘密が!?

 

竹島水族館の手書きの解説が大うけ!

「ひとつの水槽には深海生物がごちゃごちゃたくさん入っているんですが、その横に、水槽に負けないくらいの解説(貼り紙)があるんです。この解説を一つ一つ読んでいくお客さんが多いんです。」

中村さんがおっしゃる通り、水槽の横に貼られた解説はすべて手書き。
 


 


 

「深海生物は「ウマイ」のか!?」

エビスダイはおいしいのです。白身で肉厚」

ツボダイさん、この水槽から今すぐ逃げてー!


逃げてー!ツボダイさん、この水槽から今すぐ逃げてー!!!

『ツボダイは見る魚ではありません。

とある定食屋で「ツボダイ焼き定食」を食べたら感動的にうまくて、ワタクシは思わずテーブルをひっくり返しました


 
これらを書いてるのは竹島水族館の館長です。

それにしても、その解説に書かれていることは、その魚がうまいか まずいかだけ!

魚の特徴や学術的な説明などには触れずに 「食ってみたらうまかった!」って・・・^^;

「こういう話って、みなさん、お好きですよね? 
「あ!食べるとうまいツボダイってこれか!」というところで知的好奇心をくすぐられるんです。」

なるほど、言われてみればそうかも。

やっぱり魚を見たら思わず「これ、食べたらおいしいのかな?」って考える人は多いですよね。

人間は根底で考えてることは、みんないっしょなのか(笑)
 
 
 
スポンサーリンク



 

タイトルとURLをコピーしました