数学はむずかしくて苦手だな。
数学が得意な人って、どんな勉強してるんだろう?
数学大っ嫌い!全然わかんない!
でもこのままじゃヤバイ!
数学をちょっとでも好きになる方法ってないかな?
うちの子、テストでいつも数学が足を引っ張ってる。
塾に行ってるのに数学ができるようにならないのはなぜ?
こんな悩みと疑問に答えます。



学んでマネするのが数学勉強法の基本



「学ぶ」の語源は「真似ぶ(まねぶ)」 つまり真似することから来ています。

数学の勉強の仕方もまさにこの通り。

定理や公式を学んだら、それを使うパターンを真似する。真似したことを自分の中に落とし込んでいき、最終的には自分の頭で考えて解く力を身につける。

これが数学勉強法の基本で、和田秀樹さんは「数学は暗記科目だ」と言っています。






数々の数学者が知恵を絞って考えたり発見したりした知識を、現代人はそのまま覚えて 使わせてもらうだけでいいんだ…と思えば、ちょっと気持ちが楽じゃないですか。

とはいえ、数学問題は解法がシンプルなものから複雑なものまで それはそれはたくさんのパターンがありますから、一筋縄ではいかないです。

難解で複雑怪奇に見える問題を解くことができるかどうかの分かれ目、それは、どれだけ模倣パターンを覚えられたかが大きいです。

確かにそこで勝負があらかた決まるのは事実です。しかしそこに「ひらめき」や「直観」が加わらない限り 数学という科目そのものを「おもしろい!」と感じることはないでしょう。

「おもしろみを感じない」ということは、残念ながら熱心に勉強する意欲もそぎ落としてしまうことになりかねません。

誰だって どうせやるなら面白みを感じながら学んでいきたいですよね。それにおもしろさを感じられたなら、成績はもっと伸びていきます。

では、数学をおもしろい!と感じるようになるためにできることにはどんなことがあるのか?その方法のひとつを紹介します。




数学をおもしろい!と感じるには「ひらめき」と「直観力」を養うことが必要



数学ができる子は 基本的に右脳に数学の解法パターンを数多く焼き付けていることが多いのです。

右脳がうまく使えるようになれば「まねぶ」ことを 頭で考えるよりも楽にできるようになります。

右脳をあまり使っていない人が多いんですよ、ほとんどの人は右利きですしね。

では、どうしたら右脳を使えるようになるのかというと、いろいろなやり方がありますが、我が家は最近、速読トレーニングを始めました。




via:SOKUNOU(ソクノー)

 
頭の中のことは目に見えないのでピンときませんが、こういうのをみると、いかにふだんから頭を使っていないかがわかりますね(汗)

右脳が眠ってたままの状態でいる人が多いんです。

パッとひらめく力は右脳の得意分野で、こんがらがった数学の問題の糸口を見つけて さくさく解き進めていける人とそうでない人の差は このあたりも関係しています。

数学問題をさくっと解けることは、頭のできとか良し悪しはあまり関係ありません。脳みそをフルに使っているかどうかの違いだけです。

1日数分 右脳を揺さぶってあげるだけで、誰にでも脳みそフル回転・・・つまり眠っている右脳を目覚めさせることはできます。

もっともっと右脳を目覚めさせたいので、うちの息子君は先日から速読トレーニングを実践中です。

ソクノー速読トレーニング体験!右脳を揺さぶり覚醒させ鍛える方法


 

あの灘校でも、数学ができる人が一目置かれている事実


読書術 本 おすすめ
数学ができる生徒に関してほとんど例外なく言えるのは、彼らが数学の勉強に膨大な時間とエネルギーを費やしていることです。

数学のセンスや才能の有無は あまり関係ないです。知識を使い込めるまで覚えられるか、自分の中に落としこめたかの問題にすぎません。

灘では英語よりも数学ができる子が尊敬される

4人の子を東大理Ⅲに入れた佐藤亮子さんが著書の中でこう言っています。

あの灘でもそうなんだ!

まあ数学自体がそもそもがものすごく時間がかかる教科だから 本気でやろうと思ったら時短なんてあり得ないですね。

英語は小さいころから学んでいる子が多かったり、帰国子女であれば普通に英語がペラペラだったりします。英語が得意ということは確かに大きな強みですけれど、今のご時世はそれがそんなに珍しいことでもないです。

育ってきた土壌次第で英語を身につけることはできるので、努力しなくても得られる場合があります。だから英語ができることは数学に比べたら そんなにすごいことだとは思われないというのもわかります。

しかし数学は、灘のような超優秀校でさえ「数学できる奴はすごい!」と認識されている。これは多分、数学という科目は、左脳を使うだけでは解けないところに理由があるのではないかと私は解釈しています。