奨学金と国の教育ローンの併用 申し込み 違い 比較をざっくり解説

日記

奨学金と国の教育ローンの併用

奨学金と教育ローンの違いとは?

奨学金と教育ローン、どちらも子どもの進学時に借りる借金ですが、その違いはいろいろあります。

まず「借主」の違い。

奨学金は学生(子ども本人)の借金であり、教育ローンは保護者の借金です。

親が子のための学費等を用意するために用意する場合が多いですが、一度社会に出た人がもう一度高等教育を受けるために借りるのもまた教育ローンです。

その他にはお金を借りる時期が異なる場合があります。

奨学金は進学先に入学後でないと利用できませんが、教育ローンにはそういった制限がありません。

大学進学だけでなく、予備校の費用が足りない場合やそれよりもいち早く必要な入学準備金として、教育ローンは借りられます。

教育ローンの申し込みができる金融機関

【公的】日本政策金融金庫の教育ローン

日本政策金融金庫の前身は国民生活金融公庫で、公的な金融機関です。

国の教育ローン(教育一般貸付)は固定金利で最大借入額が350万円まで、返済は最長15年です。

公的資金なので民間の教育ローンよりも金利が安く設定され、また固定金利なので返済計画が立てやすいメリットがあります。

また国の教育ローンは母子家庭だったり経済的に苦しい家庭には優遇措置が受けられることになっていたり、子どもの人数によって世帯年収の上限が決まっています。

つまり国の教育ローンは低所得層に有利な条件が整えられいるということです。

世帯年収の上限や家族構成などの条件によって細かい規定がありますので、具体的な利用条件は各自が日本政策金融公庫にお問い合わせください。

国の教育ローンも民間と同じように与信審査が行われます。

過去数年の家賃や税金、公共料金などの支払状況がチェックされ、滞納などの事実が発覚すると審査が通らないということもあります。

【民間】民間の金融機関の教育ローン

民間の金融機関の教育ローンは銀行によって金利や借入条件などが異なります。

また、国の教育ローンと違って、一定以上の年収がないと借りられません。

民間金融機関と国の教育ローンを比較して民間の一番のメリットは、融資までにかかる時間の短さです(即日に審査結果を出すところもある)

社会福祉協議会の教育支援資金

日本学生支援機構奨学金も国の教育ローンの審査でも年収や学力の基準が満たなくて通らなかった場合に、厚生労働省管轄の社会福祉協議会の「教育支援資金」があります。

教育支援基金は上記の教育資金が借りられず、かつ低所得家庭であれば 一定の条件の下に無利息で借りられる教育資金です。

世帯全体の状況を把握した上で貸付が支援になると判断された場合に審査の対象となります。

地域の民生委員を介して 居住地の社会福祉協議会への申し込みとなります。

【番外編】ノンバンクのサポートプラン(オリコの学費サポートプラン)

ノンバンクのオリコが提供する「学費サポートプラン」というものがあります。

ノンバンクというのは信販会社や消費者金融会社、クレジットカード会社など、預金は扱っていないが融資のみを扱う金融機関を指します。

オリコの学費サポートプランは、オリコが提携している大学約600校、専門学校約1500校に所属していることが利用条件であり、家庭の年収基準や学力制限はありません。

オリコの学費サポートプランはローンではなく「割賦販売」つまり「ショッピング」扱いであるため、お金は利用者に直接渡ることはなく、オリコから提携校の指定口座に直接振込される形です。

ショッピングなので利息分として適用されるのは「金利」ではなく「手数料率」です(名前が違うだけで、実質は金利ですが) この手数料率は全国一律ではなく地域差や学校ごとに違います。
[aside type=”warning”] オリコの学費サポートプランは、利用条件は緩いですが、金利は比較的高めなので注意してください。[/aside]




奨学金の採用通知書の「日本政策金融公庫の手続きが必要」の意味は?

奨学金と国の教育ローンの併用

[voice icon=”https://www.channel-orange.com/wp-content/uploads/2018/05/question_head_girl.png” name=”” type=”l big”]入学時特別増額貸与奨学金の申請をしました。
その採用通知書に「日本政策金融公庫の手続きが必要」とありますが、これはどういう意味?[/voice]

入学時特別増額貸与奨学金とは日本学生支援機構が入学1年目の特にお金がかかるときに初年度の費用に当てる目的で設けている奨学金のことです。

ろうきんつなぎ融資(入学時必要資金融資)と奨学金の種類!労働金庫で前借りできる!?
日本学生支援機構の奨学金の種類 第一種奨学金 第一種奨学金は無利子の奨学金です。 進学先や通学...

その採用候補者決定通知には「進学後の手続きにより採用」または「日本政策金融公庫の手続きが必要」のどちらか一方が記載されています。

「進学後の手続きにより採用」は入学時特別増額貸与奨学金が採用されたということです(つまり家庭の収入が基準以下だった)

「日本政策金融公庫の手続きが必要」は家庭の収入が基準以上なので、まずは「国の教育ローンを申し込んでください」ということです。

もし日本政策金融公庫に国の教育ローンを申し込んでも不採用になった場合には入学時特別増額貸与奨学金を採用とします…という、ちょっと面倒くさい流れとなっています。

奨学金と教育ローンの併用と比較。仕組みと金利の違いは?

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」は、借りた翌日から利息が発生します。

一方で日本学生支援機構奨学金は、在学中は利息が発生しません。

[voice icon=”https://www.channel-orange.com/wp-content/uploads/2015/05/darui_woman.png” name=”” type=”l big”]奨学金と国の教育ローンを両方借りるなら、子どもの負担にならない教育ローンを多くしたほうがいいかな?[/voice]

2018年3月時点での国の教育ローンの金利は1.76%(固定金利) 
日本学生支援機構奨学金は固定方式が0.27%、見直し方式が0.01%

現状は、ずいぶん差は大きいことがわかりますよね。

見直し方式のほうは固定金利ではないので先のことは断言できませんが、同じ用途の借金をするなら 奨学金を大きく借りて教育ローンは小さく借りるのが、結局は学費負担の軽減になるお得な借り方だと 現段階では思われます。

[voice icon=”https://www.channel-orange.com/wp-content/uploads/2018/05/money_kakeibo_ase.png” name=”” type=”l big”]奨学金を親が返済してもいいのかしら?[/voice]

奨学金の借主は子ども(学生本人)ですが、返済は誰がしてもOKです。

日本学生支援機構奨学金の8割は学生本人が返済していますが、2割は保護者が返済しているということです。
 
 
 
スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました