奨学金貧乏!22歳新卒で827万5301円借金返済の痛烈リアル!



奨学金貧乏
827万円以上の奨学金返済予定表の画像がツイッターにアップされて 話題になっています。

既にツイッターは削除されてしまっていますが、ツイートはこんな感じでした。

卒業即借金827万5301円

借りたのは入学金用の50+12×47=614万
国立大学の学費+入学金 242万
機関保証費 33万 614-(242+33)=339
339÷48=7

大体月7万残るのでそれとバイト代で家賃や携帯、食費、教科書代等支払い

614万に利子がついて827万それを240回払いで月3.5万の返済。

ちなみに借りたのは日本学生支援機構の第二種奨学金です。



借りたのは614万円でも、返済利子の尾ひれが200万以上ついて 827万円オーバー。

社会人1年生で、すでにこれほどの借金を背負う現実が重い。

私立大学に通ったものではなくて、国立大学に通うのに使ったそうで、それも留年したりせずに普通に4年間通ってです。

これは日本学生支援機構の第二種奨学金ですが、第一種奨学金(利息が取られない)を借りられる人はごく一部ですから、奨学金といったらほとんどが第二種を借りているのが現状です。

裕福な家庭であれば 大学進学で子どもに借金を背負わせることはないですが 大学進学者のほとんどは奨学金に頼っているのが現実です。

「奨学金」という名の借金をして 大学生してる人は概ね2人に1人の時代。

ここまで借金して大学に通うだけの価値を感じられるのは どのレベルの大学からなのだろう!?と思ってしまいます。















 
 

在宅ワーク 副業で教育費を稼ぐ!クラウドワークスとココナラ口コミ