錦織圭選手が食べたいノドグロ!マツコ大絶賛のどんちっちとは?

錦織 圭 ノドグロ

究極の逸品!どんちっちブランドののどぐろ



「どんちっち」とは、特殊第3種漁港(日本でも特に重要と定められた漁港)である浜田港で水揚げされ、厳しい基準を満たしたアジ、のどぐろ、カレイの3種の魚に与えられる、島根県浜田市が定めたブランド規格のことです。
 

マツコが思わずおいしい~っ!とうなった「どんちっちアジ」


どんちっちアジは「月曜から夜ふかし」の「マツコに獲れたてを食べさせてあげたい件」でも紹介されました。

村上信五
甘い!
マツコ
アジじゃないみたい。ブリとかみたい。

 
浜田港で水揚げされ、厳しい基準を満たしたアジは当然脂ののりがよく、特に旬の時期にはトロに匹敵するほどであると言われています。






浜田市が誇る「どんちっちノドグロ」の干物は 「白身のトロ」と称されるノドグロの、口の中でとろけるような美味しさを家庭で手軽に堪能できます。

ふるさと納税ののどぐろも大人気!


ふるさと納税でも山陰・島根のノドグロは大人気です。
 
 

のどぐろはアカムツと同じ種類の高級魚


のどぐろは高級料亭で提供されている高級魚です。

のどぐろの名前の由来は、口を開くと、中が黒い(喉黒)ということから「のどぐろ」名付けられています。

実はのどぐろは関東でとれる魚のアカムツという魚と同じ種類。

のどぐろの旬は秋から冬にかけてですが、冬の荒波で漁獲量が落ちなかなか獲れないため価格が高騰し 高値で取引されています。

のどぐろは焼くことで脂の甘みが増し、触感がふわふわとしています。

錦織圭選手に「食べたい!」と指名されるほどおいしいのどぐろ、ご家庭でじっくりと堪能してみませんか。