アマゾンで、通称「ニギニギボール」(ダンノリフレックスボール)を買いました。

これ、本来はリハビリとかリラックス効果のためのものです。

でも、ご存知の方も多いと思いますが、これは勉強中の集中や緊張度をコントロールするための秘密兵器でもあります。



昔、ドクターキャツポーという、ひじょ~に胡散臭い(爆)学習機器があったんですが

20130117_106891
via:お坊さんの自転車日本一周
 
img_0
via:たら~り雑記


これは、脳波がアルファ波なのかベータ波なのかを調べる装置らしいです。

「キャツポー」・・・猫の手も借りたいってダジャレ的な意味か!?

ますます胡散臭い^^;

これが出回っていたころ、自分の今の脳波の状態を知ったところでどうなんだ!?と いろんな雑誌に掲載されていた当時のキャツポーの広告を見ながら思っていたんですけど、確かに人間の集中状態は脳波に左右されるというのは事実。

ほどよい緊張感のある集中状態でないと、記憶力もフルに発揮することはできません。

リラクッスしすぎていても、緊張しすぎていても、能力は下がってしまうものです。

この緊張度を適度にコントロールする小道具としてニギニギボールを購入しました。

わりと硬いボールなので、投げたりキャッチしたりを繰り返したら眠気覚ましにもなりそうな気がします。

でも、キャッチし損ねて当たると痛い!

このボールは本来はリハビリ用のものなので、血行促進効果も高いですから ツボ刺激のためにもいいかも。

何だか集中力が途切れてきたなあとか、調子が良くないなあと思ったら、ボールを天井に向けて投げてはキャッチし…を繰り返せば 集中力を再回復して学習を効率的に進める効果が見込めます。

投げる時にひねりを加えて、ボールを回転させると ボールに意識が集中するので、高まった緊張感を程よく緩和できます。