ミドリガメが特定外来生物に指定されたら飼い主はどうする?【6ヶ月以内に申請が必要】

日記

ミドリガメ特定外来生物

動物取扱責任者講習会に行って来た

動物取扱責任者講習会に行ってきました。

これは動物取扱責任者が年に一度は受けなければならない研修です。

今は魚類などの一部の動物を除き、 ほとんどの動物の譲渡に取扱業登録が義務付けられているので この資格を持っている方は結構いるかもしれませんね。

席が近くて世間話をした若い男性陣は ほとんどが爬虫類のブリーダーさんだったのでびっくり。

最近は爬虫類も静かなブームのようで、 けっこう好きで飼ってる人は多いみたいです。

でもこの研修会に参加していた人のほとんどは犬・猫のブリーダーさんです。

動物取扱責任者研修の目的は、動物を扱うプロであり責任者は 最新の動物関連法改正や動物の飼育知識を学ぶべし!というものです。

午後に3時間ほど講義を受けるんですけど、 寝ちゃいそうな時間帯であるにもかかわらず けっこうおもしろい話を聞けるので楽しいし、勉強になります。

今回は爬虫類の話が すごく興味深かったですね~。うちには爬虫類はいないんですけどね^^;

そういえば、昨年の講習の爬虫類の話もすごかったですよ。

エキゾチックアニマル病院の獣医師が 自分の病院で行ったリアルな治療や手術の様子を見せてくれました。

普通は聞けない裏話などもあって、 あれは目からウロコでした\(◎o◎)/!
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

動物を巡る罰則は年々厳しくなっている!

どんな分野でも法改正はめまぐるしいですが、動物関連法案も然りで、年々罰則が厳しくなっているんですよ。

そんな話も講習会ではたっぷり聴いてきました。

たとえば現在は 魚類などを除いた一般的なペットの譲渡にも動物取扱業の登録が必須です。

動物取扱業の登録をせずに動物の譲渡が発覚すれば その人には100万円以下の罰金が科せられるのです。

つい先日までは30万円以下の罰金だったのですが、あっという間に3倍強!の100万円になりました。

登録してないのに モグリで動物の譲渡をする人が多いのかもしれません。

うちで生まれた子が純血種だからといって登録のない状態で動物の譲渡を勝手にやったり、知らずにやってしまうと、発覚したときに罰金の請求が来ます。

利益を目的でなく、タダで譲っても罰せられる場合がありますので 気になる方は 詳しくは在住都道府県のHPで確認しましょう。
 

研修に参加すると 毎年同じことを思うんです・・・動物に関する法律は年々厳しくなっていってるなあと。

でもこれは動物たちにしてみれば大きな恩恵です。

虐待とか遺棄するバカ者はなかなかいなくならないのだから こういう許し難い行為を「犯罪」と定義するのが当たり前です。

よって、それが法的に整備されていってるのは素晴らしいことだと思います。

少し前までは 愛護動物の虐待の罰則は 1年以下の懲役・100万円以下の罰金でした。

今は、2年以下の懲役・200万円以下の罰金と 罰則が倍になっています。

平気で生き物を虐待するような輩は、 こんなこと知る由もないかもしれないけど 今は警察も連携して「犯罪」として扱ってますからね。

見つかれば 想像以上に重いお咎めが待ってます。

個人的には、もっと重くしてもいいと思うんだけどな。

動物とはいえ、命の尊厳は重いのです。

虐待だけでなく、動物を遺棄する行為もきびしく罰せられます。

罰則は、これまでは50万円以下の罰金だったのが 今は100万円以下の罰金と、これまた倍につり上げられています。

要らなくなったからと動物を捨てれば やはりお咎めは重いです。

当然でしょう、動物の命はおもちゃじゃありません。

その時の思い付きで買ってきて、要らなくなったから捨てるなんて許されませんし、そんなことをしてバレたら100万円以下の罰金が来ます。

虐待も遺棄も犯罪行為のひとつと認識されるご時世なので 通報されて虐待事案と見なされれば、それは大変なことになります。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

原宿毒蛇事件

犯罪といえば、爬虫類は違法で飼われていたり 珍種を裏で取引してるという事例が 意外と多いんですよ。

珍種だと、取引額の方が罰金よりはるかに高いということもあるので 罰金を払っても儲けがある・・・だから 後ろ暗いことに平気で手を染める輩がいるんです。

2008年に「原宿毒蛇事件」というのがありました。

原宿駅近くに住む40代男性が、飼育している毒蛇に指をかまれたんです。

毒蛇なので、当人も真っ青ですよ もちろん。

それで自分で119番しました。

猛毒だったのでこの人、一時 意識不明に陥ったんですが すぐに病院に担ぎ込まれたので何とか助かった。

そして退院後に逮捕と相成りましたとさ^^;

逮捕容疑は動物愛護法違反と、特定動物の無許可飼育の疑いです。

この人、自宅で51匹の毒蛇と、カミツキガメを飼育していたんです。

そして、どこからこんなの手に入れたんだ?って話になったわけです。

で、これらを提供していたペットショップの経営者も芋づる式に逮捕。

譲渡禁止のカミツキガメを売ったのもこのお店だったとか。

このペットショップはおそらく管理もずさんだったんでしょうね。

サソリとか蛇の脱走が何回かあったらしいです。

40代男性の家から押収された蛇たちは、スネークセンターに送られて 今も元気にしてるようです。

毒があるのは怖いよねえ・・・よくこんなにたくさん飼ってたもんだと思う。

よほど好きだったんだろうなあ(;^_^A アセアセ・・・

どぶろっくの江口さんがカミツキガメを無許可で飼ってて警視庁に書類送検された件

カミツキガメといえば・・・。

2年前にどぶろっくの江口さんが、カミツキガメを無許可で飼っていて 書類送検されたことがありました。

カミツキガメは特定外来生物に指定されています。

江口さんが飼いはじめた時にはまだ特定外来生物指定されてなかったんですが その後 輸入・販売が禁止されたことによって 許可なく飼育することはできなくなったんですね。

ここでちゃんと申請して許可を得て飼ってるなら問題なかったのに それをしなかったから大問題になっちゃった^^;

特定外来生物に指定されると 飼育放棄=遺棄⇒野生化⇒生態系に悪影響・・・こんな悪循環が社会問題にもなってます。

生態系だけでなくて、人に危害が及ぶこともありますからね。

カミツキガメは かなり獰猛なので。

これが・・・まだ先の話なんですが、ミドリガメでも起こりそうな気配です。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

2020年をめどにミドリガメの国内への輸入が禁止される見通し!?

ミドリガメは2016年現在、緊急対策外来種にされています。

ミドリガメは現在は飼育が違法ではありませんが 要らなくなった飼い主から捨てられて 野生化してる個体が増えて、社会問題になりつつありますよね。

ミドリガメはイシガメの生育域を荒らすということで 初めは要注意外来生物にされていました。

その後、ノラ亀が増え続けたため、緊急対策外来種に格上。

そして2020年をめどに ミドリガメの国内への輸入が禁止される見通しです。

輸入が禁止ということは その先にあるのは多分、特定外来生物への格上げでしょうね。

2016年現在はまだ 特定外来生物に登録はされてないんですれど 取引禁止を進めつつ、いずれは特定外来生物にされるかもしれないと。

特定外来生物にされれば カミツキガメのように大量遺棄される可能性があるので 少しずつ移行していく方針のようです。

う~ん。 特定外来生物になれば、飼育放棄する人は必ず出ますね。

ただ、前述のとおり、動物の遺棄には厳しい罰則が設けられています。

罰則がなかったとしても・・・ 縁あって家族の一員に迎えた動物を 簡単に捨てたりするのはやめてほしいですね。

そういうことをする人たちは「殺せないから捨てる」って言うけど、それって実は殺してるのと同じ。

いやいや、それ以上に悪質ですよ、捨てるのは。

子どもにせがまれて、安いし買っちゃった・・・なんてのんきな話ではないです。

だってミドリガメの寿命は30年ということですから。

ミドリガメが特定外来生物に指定されたら、 飼い主が取るべき行動

どぶろっく・江口さんは書類送検後、罰金30万円だったようです。

意外と罰金、安かったんだなあ。動物を遺棄したら、100万円以下の罰金だから、こっちのほうが痛い・・・いやいや、そういう話じゃない!

もうね、お金の問題とかじゃなくて・・・命を粗末にするの、やめてほしいよね!

無責任に動物飼っちゃだめだよって話。

犬にしても、ちょっと前までプードル人気だと思ったら、 最近はポメラニアン人気でしょ。

ソフトバンクのギガの影響^^;

日本人ってそういう流行に乗せられる国民性があるじゃないですか。

だめだよ、それ!不幸な犬が増えるから。

昔、ゴールデン・レトリーバーがブームになった時も金の亡者ブリーダーの産めや増やせや攻勢のせいで、 先天的な股関節形成不全を持って生まれてきて 歩くこともできない個体がたくさん出たんですよ。

ブームの陰には、必ずこういうことが起こります。

モノなら余裕がある人はご自由にどうぞですけれども、生き物はそうはいかないですから。

で、まだ先の話ではありますが、ミドリガメが特定外来生物に指定されたら、 飼い主が取るべき行動は 6か月以内に特定外来生物の申請をするということです。

ミドリガメを捨てたらダメ!

きちんと申請を出して、寿命を全うさせてあげてください。

一度飼った以上、そうする責任が飼い主にはあります。

命を粗末にしないで下さい。
 
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

タイトルとURLをコピーしました