大学入試改革2020と息子の高校入学式!激動の高校生活が始まる春

祝!高校入学


高校入学
今年は桜の開花が早くて、すでに葉桜。

息子君の高校の入学式が終わりました。

お着物でドレスアップしてるお母さんがたくさんいたわ~。

中学の卒業式にも数人はいたけれど、それよりもっといた!

もしかして裕福な家庭の子が多いのかなとか思いつつ…。

それにしても、やれやれ~、ぐったり(爆)

入学式は1時間強で終わったのですが、その後の学校の説明会やら、恐怖のPTA役員選出やら・・・。

でもまあ とりあえずは、第一志望の学校に合格できたので、それはあっぱれ!おめでたい!と母は喜んでいます^^

今後3年間の高校生活、どんな風なのかなあ…という不安は、かなりあります。

たぶん、大学進学を考えているお子さんがこの春高校に進学した親御さんは、みんな同じですよね。

2020年大学入試変革


2020年大学入試変革
周知の通り、2020年から大学入試センター試験が廃止され、新たに「大学入学共通テスト」が導入されます。

なのでこの春の新高1生は、新入試一期生。

試験内容は英・数・国で大きく変わり、国語と数学は記述式問題が出題されて、思考力・判断力・表現力が要求されることになります。

それよりも誰もが気になっているのは英語でしょうね。

英語は4技能が評価されるようになり、それには民間の資格や検定が利用される予定です。

じゃあ、早めに英検2級とかとればいいじゃん…という単純な話ではなく。

高3の4~12月の間に受験して合格したものを採用するとのことですから、すごく英語が得意で高1のうちに英検2級を取ったとしても、それは使えません。

あくまでも高3になってから12月までに合格したものが使われるので、高1で2級をとった実力があっても、万一高3で落ちてしまったらNGなわけです。

だから2020年以降に大学受験をする子供には 少なくとも英検2級程度の英語力を高2までに完成させておく必要性に迫られています。

大学入試どう変わる?大学入試改革2020年の3つのポイント




全ての国立大学では「大学入学共通テストの英語」と「民間英語資格または検定」の両方を課します。

高1~2で取得した英検は、とりあえず調査書には掲載されますが、大学入試の一環としての英検は高3の4~12月までに結果を出すことを要求されます。

その間のチャンスはたったの2回!

厳しいな^^;
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="4089533847">

 
 

恐怖のPTA役員決め!


PTA役員決め
入学式の後の学級懇談会でPTA役員選出がありました。

今まで小中の9年間でもそれは経験してきたので、それなりの覚悟はあったんですが、なんだか高校は今までとは勝手が違うというか。

どうやら息子君の学校は、PTA活動がとても活発らしい。

小中学校のときは1クラス35人前後で役員4人選出だったのに、今度の高校は40人クラスで役員を1クラス当たり10人選出するという…。

進学については本人が希望する学校を選ぶのがいちばんと考えていたので、高校の様子とかを事前にリサーチしていなかったんですよねえ。

なんか、文化祭とか運動会がものすごく盛大でPTA役員も模擬店とかで大活躍するとかで、そういう関係で1クラス10人も役員が必要なのかなと漠然と考えたんですが…うーん、よくわからないな。

息子君と仲が良かった中3のときの友達の兄ちゃんがこの高校の同じ科だったから、事前に話を聞いとけばよかったな。

でも、だからといって、志望校を変えさせるなんて事はないけれども。

それにしても高校のPTA役員には絶対に選ばれたくなかったんです・・・。

なぜかというと PTA役員、どうやら3年間続行ということらしい。

高2・3では 親がこうやって一同に介すことがないので、よほどのことがない限り、役員を3年間続投することになるらしく。

そりゃ想像しただけで (((( ;゚д゚))))アワワワワ

役員を10人選ぶのに、まずは立候補を募り、5人の奇特な方々が役員を引き受けてくれましたが、問題は残り5人の選出。

毎年PTA役員決めではもめることになるので、毎年じゃんけん大会が恒例だそうな。

で、私、最終決戦の4人まで残ってしまいまして。

じゃんけんで勝ち残った人が役員を引き受けることになっていて、なぜか勝ち進んでしまって…。

またもや (((( ;゚д゚))))アワワワワ

結局最後の最後で負けられたので、難を逃れたのですが、ほんと、あの時は腹くくったわ(爆)

PTA役員って1年だって大変なのに、3年なんてありえない!

高校へは電車通学なので近くはないしさ、仕事はあるしさ。

でも、じゃんけんで決めるんじゃどうしようもないですよね、公平だし。

確かに一人ひとりの事情なんて聞いていたら、一生役員決めなんてできないだろうし。

まあ、当たったら当たったで仕方がないことなんですけどね^^;

後にわかったことですが、1クラスに10人もPTA役員がいても人手が足りなくて、大運動会や文化祭にはPTA一般会員からもボランティアを多数募るとか。

どこまでイベントを盛大に盛り上げるんだろうなあ?

でも楽しそうだから まあいいか^^
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="4089533847">

  
  

購入した高校の問題集や教材


高校の問題集
中学と比べると高校の学参は選択肢が少ないだけでなく、わかりづらい感じ。

うちではこの春から進研ゼミ高校講座に入会したので、進研ゼミの教材を中心に据えてます。


そのほかに購入したのは、英語と数学の教科書ガイドと数学のノート、世界史のノートなど。


教科書ガイドは英語だけを買うつもりだったのですが、数学も急遽購入。

なぜかというと、春休みの宿題がありえないほどてんこ盛りで出されたから。

中学の総復習である春休みワークのほかに、高校数学の教科書2単元分の総予習。

中学復習のワークはわかるんだけど、高校数学Ⅰの先取りを、しかも教科書の3分の1程を春休みに独学でやっとけって、かなりハードですな。

当然わからないところが山のようにあるので、慌てて書店で数学ガイドを買ってきました。

高校からは教科書は全て自腹で購入ですけど、総額で17000円!

中学のときは教科書のほかにワークとかが当たり前のようにありましたが、高校では英語以外はワークとか問題集とかがなくてびっくり!

追記:後日、息子は 学校で一括購入した分厚い問題集の山をえっちらおっちら持ち帰ってきました。
(;^_^A
 
 
数学の教科書自体が問題集的な内容になっているため(つまり解説がほとんど載ってない) 参考書の類がないと自学は無理ですね。

「予習やっとけ!」と宿題を出されたとき、学校から渡されたのは数学の解答だけが載ってるぺらぺらの紙1枚。

とても全てを手に負えなかったので 教科書ガイドがどうしても必要になった次第。

進学校なのでカリキュラムが厳しいのは承知していたのだけれど、ここまでハードだとは思ってなかった。

でもまあ これが当たり前といえば当たり前。

英語とか毎週100個強の単語を覚えさせられて、毎週テストをやるとか何とか言ってるし。

これから部活も始まるし、部活と勉強の両立でいっぱいいっぱいで塾どころじゃないし。

うちは息子君が なぜか一度も通ったこともない塾が大嫌いなので、通信講座である進研ゼミを使っていきます。

周り中が強者だらけの高校生活スタート!

どこまでがんばれるかな!?
 
 
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ライター:orange