高1ギャップ
高1の息子君は来週、中間テストです。

試験勉強もさることながら、どっさりと出された課題に四苦八苦していて、試験のための勉強がなかなかはかどらない様子です。

中学まではマンツーマンで彼の勉強についていた私ですが、高校に入ってからはそばで見てることはあっても、手も口もほとんど出さなくなりました。というか、口も手も出す余裕がないというのがほんとのところですね。やるべきことも課題もいっぱいいっぱいで、それらをこなすことに精一杯で、余力がないというのが実情です。

たぶん、ほとんどの高1生の1学期は、そんな感じなのではないでしょうか^^; 思えば自分もそうだったし。

自分的には高校に入っていちばんびっくりしたことは、英語のレベルが一気に上がったことでしたね。中学までの英語とは違うレベルを感じて、かなりビビリました。履修科目も一気に増えましたし、覚えるべきことが多くて、学校になじむまではあっぷあっぷしてました。

息子君の状態が今まさにそんな感じで、高1ギャップの洗礼か、はたまた学校のスパルタがきついのか。

いい意味で「スパルタ教育な高校だな、うちの子の学校は」と感じた話




いずれにしても、大なり小なりのギャップや苦労はやり方を工夫して乗り越えていくしかありません。大変なのは誰もが同じこと。幸いにして彼は音を上げているわけではないので、期末テストまでにギャップを克服することを期待しています。

まだ入学して1ヵ月半も経たないんですから、人間関係だっていまひとつだったりして、大変なのが当たり前ですしね。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="4089533847">

 
 

いろいろな大変さがある中で 息子君は、一番大変なのが数学だと言ってます。数学はしょっちゅう小テストをやってるらしいですが、小テストらしからぬ内容に毎度びっくりさせられてるとかなんとか。

春休みの宿題やら何やらで、かなり数学の勉強はやりこんでいるはずなんですが、それでも歯が立たないことがあるというのは、もしかしたら既に大学入試レベルの問題を小テストに出しているじゃなかろうか!?・・・なんて思ったりもしたのですが、最近の大学入試問題を見たことがないので、プリントを見せられても何ともコメントできませんでした(ただ、確かに自分で解いてみようかと思う気がうせるくらい 複雑な計算問題だった)

それを見て、「今すぐには使わないけど、ぼちぼち志望大学の赤本を数年分まとめて入手しておこうかな」と、ちらっと思ったりしました。

中学までは数学が得意で楽しんでやってたのが嘘のようで(汗) ヤバイヤバイ!を連発する数学中心の日々です。

英語は学校の授業はそれほど大変だと思ってないようですが、国語は相変わらずやばくて、先日の模試が散々だったし、国語もどげんかせんといかん!

そんな中、母は 中間テスト明けに オンライン英語塾の体験レッスンを無理やりねじ込んだのでした^^

もともと英検の二次試験(面接)対策にオンライン英会話を始める予定を決めていました。本当は今学習しているセブンプラスイングリッシュが終わる6月に始めるつもりでしたが、セブンプラスイングリッシュがさくさく進んでるので、予定を前倒しにしようと思いました。

英検が大学入試で必要!?「英語を話せない」スピーキング克服勉強法



セブンプラスイングリッシュにもオンライン英会話レッスンが5回ついてくるのですが、これより先に某オンライン英語塾に入会を考えています。

オンライン英語、どこにしようかなとずっと悩んでいたんですよね~。今は魅力的なオンライン英会話がたくさんあるじゃないですか。でも、息子君の入会の目的が英検2級の合格なので、それにあった内容の講座にするつもりでいまして、それなりのオンライン英語塾を選び、無料体験の予約を2回分、次の土曜日・日曜日に入れました。

レッスンはスカイプで、講師は外国人ですが(たぶんフィリピンの先生だと思う) 高校生向けのカリキュラムが組まれている講座です。あまり知名度が高くないところなので、近日中か体験レッスン後にその紹介記事を書こうと思っています。

それにしても、中間テスト、この分だと散々かも(爆) でも、実はそのあたりのことは2つの観点から 私はあまり気にしていないのです。

ひとつは

今回は勉強の時間配分が全然ダメだった!
でも、何となくどうしたらいいかわかってきたから、次はもっとうまくやれると思う。

・・・と本人が言ってるのを信じてまして、「どうしたらいいか」というのは多分「どう立ち回ったらいいか」という意味で、それを自分が掴みかけているなら大丈夫だなと思ったこと。

もうひとつは、確かに定期考査は大事にしなければいけないのですが、それよりも限られた時間内で 大学入試を視野に入れた勉強にどれだけ時間を回せるかを考えることが大事だと思っているからです。

彼の第一志望は国立大学理系なので、とにかく英語と数学に重点を置くことが一番重要で、これなしには大学受験は語れないんですね。

英数以外の科目は後からでもやり方次第でどうにでもなりますが、英語数学はひたすら走り続ける必要がありますから、今から受験を視野に入れた計画を ざっくりとでも 立てる必要性を強く感じています。

多少の犠牲(?)は払っても、とにかくがむしゃらに英語と数学に注力させようかな…と。



【今日の速読訓練】
高1ギャップ



  
  





Custom Gallery: 画像が見つかりません。