起立性調節障害 中学生は何科?朝起きられない不登校は病気かも!?

起立性調節障害 OD 原因 症状 受診科日記

起立性調節障害の中学生

朝起きられないのは病気が原因かも

朝がめちゃくちゃ弱くて、起きられなくて 学校を休みがちになる子は思春期世代に特に多いですが、それが必ずしも「怠慢」であるとは限りません。

起立性調節障害(OD)という名の、れっきとした病気であることも少なくないのです。

「起立性調節障害」は自律神経のアンバランスによって起こります。

そして特徴的なのは、思春期の子どもに多いこと。

症状は、朝起きられないだけでなく、頭痛、めまい、立ちくらみ、倦怠感、食欲不振、冷えなど、さまざまです。

起立性調節障害というのは「学校に行きたがらない」いわゆる「不登校」とは違うもので、れっきとした病気です。

子どもは「学校に行きたくない」のではなくて「行きたいけどいけない」と訴え「だから、体長が良くなったら行くよ」というパターンが多く見られます。

朝起きられなくて そのまま学校を休んでしまったり、午後から授業に出てくる遅刻常習児童や生徒…おそらくどの学校にも一定数いるのでは?

その全員が必ずしも「起立性調節障害」ではないですが、昨今はこれが大きく問題視されるほど 起立性調節障碍者人口は増えているのが実状です。
 
 

子どもの起立性調節障害は何科にかかる?

起立性調節障害には専門外来があり、れっきとした病気として認識されています。

なのでそれが子供の場合には「朝起きられない」という子どもを頭ごなしに叱る前に それが怠け心なのか病気なのかを見極める必要があります。

「調子が悪いなら寝てていいよ」とばかり言っていると 子どもの方もそれをうまく利用して「逃げる癖」がついてきます。

本当にそれが起立性調節障害なのかどうかをきちんと調べない限り、親の立場からの正しいアプローチはできません。

まずは親が子に動揺する姿を見せずに、きちんと向き合っている姿を見せましょう。
 
 
もし、子どもが「朝起きられない」と言い出したら、親としてどんな対応をしたらいいのか。

まずは 親がうろたえずに、これは思春期にはよくあることなんだと受け止めること。

親子でよく話し合いをし、生活習慣を振り返り、それを正していくことで症状が改善される場合もあります。

それでも何となく普通ではない感じがしたのなら、小・中学生であれば小児科を受診してみること。

起立性調節障害を疑っても、すぐに専門外来にかからなくても大丈夫です。

小・中学生の子どもなら かかりつけの小児科医に相談でいいのです。

https://www.channel-orange.com/kiritsusei-chosetsushogai-byoin-od/
 
 

起立性調節障害の治療で大切なこと

起立性調節障害と診断された場合、症状にも寄りますが、血圧を上げる薬などを処方されることもあります。

お医者さんでの治療と同時進行で大切なのは、積極的に生活のリズムを整えていくことです。

思春期の子どもには特に、肉体面だけでなく精神的な自立を促していくことが必要ですから、生活のリズムを正していくことが基本の「き」になります。

すごく時間がかかることもありますが焦らず、子どもとまっすぐに向かい合って 心身の成長を気長に待つというスタンスが大事です。

尾木ママのブログには、学校の先生が起立性調節障害について無知だったり、対応がわからないことに対する憤りなどが時々アップされています。

こういうのを読むと、先生方にももう少し勉強してほしいなあと思わざるを得ませんけれど。
 
起立性調節障害の子どもの立ち直りのきっかけで多いのは 留年になりそうだ!とか このままだと受験がヤバい!という事態に直面することです。

危機が目の前まで迫ってきていて、いよいよにっちもさっちもいかなくなったときに「これじゃヤバい!」と気づくことで、一気に病気から立ち直るケースが少なくないということです。

思春期世代の起立性調節障害はメンタル面での影響が強いから、時に「危機感」が薬になるのかもしれません。

今は不登校で学校を休んでいても、IT塾の授業を自宅で受ければ学校で出席扱いになるシステムもあります。
 

いずれにしても、思春期が過ぎるまでは、体と心のアンバランスを自分の力だけではどうにもできないケースが多いので、親がしっかり子どもを見守っていくことが大切です。





 
https://www.channel-orange.com/futoko-shussekiatsukai-shussekinissu-itjuku/

タイトルとURLをコピーしました