何首烏 かしゅう の副作用は!?漢方の白髪や育毛への効果と通販

日記

何首烏 白髪

何首烏(かしゅう)とは?

ハーブ、アーユルヴェーダ、漢方・・・どれも古来から薬草を活かしたレシピから生まれたものです。

ハーブに含まれる有効成分が多くの薬品に合成されていますし、現在の薬の成分の半分以上が 実はハーブの薬効によるものです。

そんな東洋のハーブ(漢方)のひとつが、何首烏(かしゅう)です。

何首烏は髪の悩みに効果が期待できるとされているので、漢方薬やお茶、薬膳、サプリメント以外にも、シャンプーなどのヘアケア商品にも利用されています。

PolygonumMultiflorum.jpg
By Taken by Fanghong投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

何首烏は「ツルドクダミ」という植物で、道端に生えていたりします。

もともとは漢方薬として栽培されていたものが一部で野生化していて、東京あたりでも雑草みたいに生えてたりするということです。

ドクダミの仲間(ドクダミ科)ではなくタデ科の植物で、葉がドクダミに似ていてツルがあるから「ツルドクダミ」と名づけられました。

漢方薬としての「何首烏」は ツルドクダミの肥大化した根っこの塊部分のことを指します。

髪を黒くする作用があることから「烏」という字があてはめられています。

何首烏の副作用 
 
髪のトラブルは白髪でも抜け毛でも腎臓の弱りが反映された結果であり、髪は「血」の余りともいわれています。

何首烏(かしゅう)は腎(じん)を補う力が強いために、髪を黒くする働きがあるとされています。

 

何首烏伝~髪が烏漆で染めたように真っ黒だった人の話

中国の「何首烏伝」には、こんな話があります。

「何田児」という名の者が山の中で互いに交織するように1つになった2本の藤状の蔓を出している植物を見つけた。

その根を煮詰めて飲んでみると、生まれつき弱い体が元気になり、頭の髪は真っ黒に変わり、黄色く痩せた顔はすでに影すらもなく、皮膚も潤ってきた。

その子も孫も親子三代が長生きをしたという。

その孫は130歳になっても、髪は烏漆で染めたように真っ黒で、人々は彼を「何首烏」と呼んだ。

「何」は姓で、「首」は頭を、「烏」は黒を意味している。

この健康長寿の薬は、人から人へと伝えられるうちに、この植物の根茎に何首烏という名が付けられるようになった。

中国の河公(かこう)という人がツルドクダミの根を煎じて飲んでみると、白髪が烏(からす)の首のように、艶やかな黒髪に戻ったといういわれから「何首烏」と名付けられたという話もあります。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 
 

何首烏の摂り方と注意点

何首烏の副作用

何首烏(かしゅう)は昔から不老長寿の妙薬といわれ、強壮・強精剤に使われてきた生薬です。

抜け毛や白髪に効果が期待できるので、男性用の育毛剤で配合されているものがあります。

その他には緩下、健胃、整腸、血液中のコレステロールを低下させる効果が見つかっています。

腎のエネルギー補充を助ける血の強壮剤ですから成分も強いため、何首烏は下剤のような効果が見られることがあります。

ですから おなかが弱い方や下痢を起こしやすい人は避けた方が良いです。

お茶や薬膳ではおなじみの何首烏

中国や香港あたりでは何首烏はよく使われています。

煎じてお茶として飲んだり、薬膳料理に使われていたり。

髪に効くと言われているので、体質にあっている場合にはいいと思いますが、万人向けではありません

ですから 食品として摂るにしても あくまでもご自身の体質や体調を考えて自己責任での摂取が大前提となります。

何首烏の摂り方の工夫について

みるみる髪が生えてくるには赤首烏(せきしゅう)という赤い何首烏を摂るのが髪にいいとあります。

これでおかゆを炊いて毎朝食食べたり、黒ゴマと合わせてお汁粉として食べるなど。

お茶だけですとおいしいかどうか微妙で・・・やはり漢方なので苦みがあるんですね。

やはり「良薬は口に苦し」なのか。

苦みが苦手だと続けるのがむずかしいかもしれませんが、おかゆやお汁粉に応用すると美味しく食べられるかもしれません。

単品で煎じてお茶として飲んでもいいのですが、もっと薬効が欲しいとか ひと手間かけられるなら 何首烏に黒豆・黒ゴマ・黒なつめ・クコなどを合わせて、オリジナルブレンド育毛茶(白髪改善茶)にするのがおすすめです。

何首烏を煎じたり調理する時の注意

何首烏を煎じる時は金属製の容器は避けてください。

土瓶や土鍋、ホーロー鍋などを使ってください。

金属製の鍋だと金属成分が溶け出して、有効成分に影響を及ぼすことがあります。

何首烏は鉄分を加えることと ネギやニンニクをいっしょに摂ることは禁忌とされています。
  
 
何首烏の商品はこちら (amazon.co.jp)

タイトルとURLをコピーしました