【腐ったみかんの受験必勝術】できるだけ塾に行かずに受験に勝つ方法

できるだけ塾に通わずに受験に勝つ方法

カリスマ家庭教師が教える塾の賢い活用法

教育環境設定コンサルタントであり、受験プロでもある松永暢史さんのできるだけ塾に通わずに受験に成功する方法がとてもおもしろかったのでシェア。

「塾に行くのは半年だけでいい!」カリスマ家庭教師が、誰も教えてくれない塾の賢い活用法を教えます

ふつう、「我が子の受験=進学塾利用」と考えるものでしょう。
しかし、著者である松永暢史氏はそこに警鐘を鳴らします。

塾が押し付ける猛烈で過酷な詰め込み学習の結果、好奇心と感受性を奪われ「壊れて」いく子どもを目の当たりにしているからです。

では、できるだけ進学機関を使わずに受験勉強を行い、子どもを順調に成長させて成功に導くにはどうしたらいいのか? 

ある意味、本書は受験産業が親御さんにあまり読まれたくない本でしょう。

子どもの学力を伸ばすために親がすべきことを、育児書のベストセラー作家でもあるカリスマ家庭教師の松永暢史氏が解説します。

塾に通わせる前に、読んでください。

筆者の元に「子どもを進学塾に通わせたが、精神的におかしくなってしまった」「何年も進学塾に通って進学した結果、まったく勉強をする気がなくなってしまった」といった相談が寄せられるようになりました。

筆者はそういった子どもたちの精神的な回復に尽力してまいりましたが、それは決してたやすいことではなく、場合によっては回復不能な例も多くみられました。

またそういった進学塾で講師を勤めた人たちから「子どもに害がある教育をしてしまって胸が痛む」という声も少なからず寄せられました。

教育の目的とは、本来「ダマされない人間を育てること」であると私は思います。

しかし、税金を取る政府も、営利追求をし続ける塾も、全くそのことを忘れているように思えます。

一見すると塾批判的なイメージを感じる本書ですが そういうわけではなく。

子どもを壊さないことと、彼らの幸福を第一に考えつつ、どうしたら学力を伸ばせるかについて書かれています。

個人的には塾通いに対して積極的な考えを持っていませんが腑に落ちる内容で、ピンポイントに塾を利用する方法や、奇跡の合格劇がとても興味深かったです。
 
 

塾は「営利団体」だという事実を忘れてはならない!

親はもちろんですが、塾ほど子どもの合格を願ってやまないところはない・・・そりゃあそうです。

「当塾の生徒が●●校に●●名合格!」って宣伝して、次の顧客確保につなげられるから。

ただ、塾が願っているのは「合格」だけ。

端的に言えば「合格するためなら、何をしてもいい」がまかり通る世界であり「合格するためなら、たとえ子供に害があってもあらゆるやり方をする」こともまた然り。

猛烈で過酷なつめこみ学習について行けて、結果を出せるのはひと握りで、現実的について行けない中には 精神的に壊れてしまう子もいます。

塾に行っても行かなくても、さほど変わりがないグループが50パーセント
成績が伸びずに、勉強嫌いになるグループが30パーセント

この結果を見たら、実際問題として 高い月謝を払いつつ数年間継続して塾通いさせていることがバカバカしくなってくるのではないでしょうか。

そこで、著者が提唱る持論が「塾に行くのは半年だけでいい!」

ここぞ!という時に、半年だけ利用するのがベストだということです。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

塾のパンフレットの決まり文句「有名校合格実績」の罠とからくり

新学期早々、大手進学塾が学校の近くでパンフレットを配布していますが、そこには必ず「有名校合格実績」がでかでかと掲載されています。

当塾では、●●●高校(定員300名)に120名合格者を送り込みました!とか。

300人中120人というのは、数字を見ただけでは「すごーい!」となるわけで「なら、うちの子もこの塾にに通わせようか」となるわけです。

それが「嘘」だとか「すごい」という話ではなくて、知りたいのは「現実問題として、その数字の分母は一体いくつ?」ですよね。

120人受験して120人全員が合格しているならすごい指導実績ですが、そんなことはまずありえない。

だから・・・具体的な数字を掲げる以上、具体的な数値の合格率を教えてほしい・・・と思うわけです。

全国展開している大手であれば 分校を各地にたくさん展開しているわけで、人気がある進学校だったりしたら、そこを狙っている生徒が通う大手塾の分校も複数あるから、分母がすごく大きい可能性もある。

でも、パンフレットの読み手は、そうは思わない。

自分の最寄りの塾で、これだけの合格者を輩出したと 読み手は勝手に想像してしまう・・・というからくり。

そして…よしっ!うちの子もこの塾に通わせよう(≧▽≦)

個人的には 合格人数よりも合格率はどうなんですか?って話を聞きたいと思うんですが。

だから、数字のマジックに踊らされてはダメで「ここに通いさえすれば、うちの子も・・・」の多くは妄想だと知った方がよいです(爆)

通うだけでできるようになるなんてことはありません。

それだけでぐんぐん成績が上がるなら、みんな東大に入ってます。
 
 

されど「対受験用の勉強」は進学塾に軍配が上がる

とはいえ、受験で勝つためには、学校での通常の勉強では不十分であることも事実。

進学塾には受験のプロが集結しているので徹底的な指導は元より、合格情報や合格メソッドが整っています。

だからやはり上位校を狙うなら「対受験用」の勉強が不可欠になってきますが、本書でおすすめする方法は「塾を利用するなら基礎学力をつけてから、半年間

基礎学力をつけるために家庭学習で土台を作った上で塾を利用するのが王道ということです。

土台作りから塾に依存すると、お金がどんどん飛んで行くだけ…と。
 
 

本格的に勉強を始めるのに これだけの男女差がある

松永さんは勉学においての男女差は大きいといっています。 

男の子が本格的に勉強を始めるのは14歳過ぎでいい。女の子はコツコツ学習で、先頭集団をめざせ。

男の子の場合は「十分遊んだ」「遊びきった」という手ごたえが感じられるくらい 目いっぱい同年代の子どもたちと群れて遊ばせなさい(家にこもって、ネットやゲームばかりやってる遊びはNG)

男の子は これでもか!というくらい遊び切ったときにふと周囲を見ると 一生懸命勉強している真面目な女子たちに気づき「そろそろこのままじゃマズイ」と思い始めるのが14歳頃なのだ…と。

周りの空気に気づいて14歳からふんばり始めたとしても「奇跡の大逆転劇」が起こりうるのが 男の子の特徴だといいます。

逆に女の子の場合は男の子のようなやり方は通用せず「14歳まではたっぷり遊び、勉強はそれからでも大丈夫」というのは女子には極めてまれなケースだと言っています。

もちろんケースバイケースであって、その可能性がゼロというわけではないですが、女子は「コツコツ勉強を重ねる力」や「いろいろなことを習慣化させる力」を定着させた子が勝つという傾向が強いということです。

これが勉強をする上での、大きな男女差。

周囲にいませんか?・・・小学校まで周囲から「あいつはバカだ」と思われていた男子が中学からメキメキ頭角を現してきた男子。

自分の周りにはこのタイプが同級生に一人いました。

男子は、バカが天才に大化けするのがめずらしくないのです。

それに思い返せば、女子は小学校時代から優等生の顔ぶれがほとんど変わりなかったような気もします。
 
 
 
スポンサーリンク



 
 

腐ったみかんでも1年で難関校に現役合格できたケース

できるだけ塾に通わずに受験に成功する方法には、中学で「腐ったみかん」扱いされていた男子たちが1年でバーンと成績を上げ、難関校に現役合格した逸話が載っています。

以下、豪快で非常におもしろい 腐ったみかんの代表格の吉田君の逸話です。

ファミレスで最低限の注文をして、いつまでも居座ったあげく出入り禁止になってみたり、夜遅くド派手なチャリンコで走り回って おまわりさんと言い争いになってみたり、公園の池で釣りをしてみたり…。

このときは釣り上げた獲物をその場で三枚におろし、ブランデーに浸し、用意してあった鍋と七輪でフライにして食べたところ「俺達だってそこまでしない!」と注意してきた公園在住のホームレス氏に「なにを!この働く気もないクソオヤジらめ!」…と切り返して言い合いになり、警官が出動するほどの大騒ぎになったといいます。

親が警察署に呼ばれ、当然学校にも連絡されたというのに「いいじゃん、鯉じゃなくてブルーギルなんだから。ところで先生、ギルの味はヒラメに似てるって知ってます?」…と返したというのだから 屈託がないにもほどがあります。

さらにその翌日、吉田君はスキンヘッドに眉を剃り落し、片耳ピアスという大変身を遂げて登校。

真っ青になりながら「ピ、ピアスは校則違反だが・・・」と口ごもる教師の目の前でピアスを外し、飲み込んでシラを切ったとのこと。

こんな彼ですから、もちろん職員室での評判は最低でした。

「バカ」「問題児」「不良」さらに「親もバカ」と付け加えたといいます。

とんだ公僕もあったものです。

吉田君はこんなふうにかなり問題起こしたりしてるので、内申点なんてボロボロ。

吉田君の通知表には「3」がない・・・つまり「1」と「2」しかない。

そんな正真正銘の劣等生が、一念発起して 中3の1年間の猛勉強で 難関と言われる某大学付属高校に合格したというサクセスストーリーです。

奇跡だ!と当然周囲は思ったし、職員室の先生が全員ひっくり返っちゃうほどの驚きでした。

でも、やり方次第でそれができてしまうのが、男子の底力なのです。
 
 

本物のプロ講師を選べれば、落ちこぼれでも一発大逆転が起こる

信じられないような話ですが、ウルトラプロの手にかかれば、こんなミラクルが不可能ではないのです。

これは吉田君の家庭教師に松永さんというウルトラプロが指導したから成せたことですが、家庭でもこの半分以上は親がサポートしてあげられます。

それは本書中の「子どもの能力を伸ばすのは親次第」や「賢い親が受験に勝つ」の項に、詳しく書かれています。

塾の裏技的な利用法とかも載っていて、こんな方法あったのか…と目からうろこが落ちました。

できるだけ塾に通わずに受験に成功する方法を読むと、塾に通わせる目的を再確認できますし、我が子が成績を思うように伸ばせていない理由もわかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました