氷見番屋街 回転寿司と総湯の楽しみ方・割引情報【富山県】

日記

氷見番屋街で回転寿司を楽しもう!

名古屋から氷見漁港場外市場「ひみ番屋街」に言ってきました。

とても大きな道の駅で、魚屋さんや海産物を扱うお店が中心でした。

氷見で取れた新鮮な魚を扱う魚屋さん、富山や氷見の特産品がたくさん集まる加工品のお土産やさん、地域の農産物、お寿司屋さんに加え、フードコーナーや魚屋さんが作るお惣菜やお寿司も楽しめます。

また、富山県は昆布の消費量日本一ということで有名ですが、お土産屋さんには各種、北海道産の昆布がたくさん取り揃えてありました。

外やフードコーナーに十分な数のテーブルセットがあるので、ゆっくりできます。

同じ区画内には、天然温泉の無料足湯コーナーがあり、海越しに見える立山連峰は絶景でしたし、道路を超えた側の駐車場は海沿いになるので、さらにのんびりと散歩を楽しめると思います。

ただ、平日お昼すぎに行ったせいか、あまり活気はない感じがしました。

お魚や農産物を買うならば、やはり朝一に行くことをオススメします!

特に、魚屋さんのお惣菜は、富山独特な、白えびや旬の魚の魅力的なお惣菜がお手頃な価格で用意されていたのですが、スーパーと同様、冷めきった揚げ物は、あまり美味しそうには見えませんでした。

焼きたての串焼きをやっているお店もあったのですが、ホタテやイカが中心だったので、全てが富山県産の魚介類かはわかりません。

そこはお店によると思います。

逆に、足湯を楽しんだり、お寿司を食べに行くならば、ゆっくり出かけられるといいと思います。

私は13時くらいに到着していて魚屋さんのお惣菜やお寿司は品薄状態でしたが、お寿司屋さんは待ち時間があるようでした。

[aside]営業時間は、鮮魚・物販施設/8:30~18:00、
フードコート/8:30~19:00、
飲食施設/11:00~19:00、
回転寿司/10:00~21:00です。[/aside]

氷見番屋街は回転寿司も好評ですが、きときと寿司の本店も氷見にあります。

富山 #きときと寿司

渡辺純司さん(@atsuzone)がシェアした投稿 –

 
 
 
スポンサーリンク



 
 
 

氷見寒ブリランチ!氷見寒ブリ宣言終了2月頃までに一度は食べたい!

https://www.orange-channels.com/himi-kamburi-ranchi/
 
 

氷見番屋街からバス!氷見温泉郷 総湯も楽しめる割引情報

氷見番屋街の回転寿司

ここから、有名な和倉温泉(石川県七尾市)行きのバス(わくライナー)も出ています。

大体1時間い一本程度出ているので、道の駅でゆっくりしてから、宿泊は和倉温泉や途中の氷見温泉郷、七尾駅周辺にしてもいいかと思います。

天気が良い日は海岸線沿いを歩いて、氷見温泉郷に行くこともできる距離だと思います。

私はバスの乗り継ぎに時間があったので、駐車場の迎えにある「総湯」も楽しんできました。

こちらは、源泉掛け流し、とても気持ちよかったです。

泉質は、ナトリウム塩化物強塩温泉(高張性・中性・高温水)で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病に効果があります。

私は花粉症がひどく、目の周りが赤くはれていたのですが、入浴後は腫れもすっきりとひき、肌がツルツルになりました。

高濃度のため、長湯は禁物らしく、5分程度の入浴を勧める貼り紙がありました。

露天風呂には、炭酸泉もあり、こちらは20分程度がいいそうです。

地元の方はみんなこちらにゆっくり使っていました。

温泉だけでも本当にオススメなのですが、入浴前にひみ番屋街で総額2000円以上のお買い物をしてレシートを提示すると200円割引になります。

[aside]入浴料、大人:600円(中学生以上)
小人: 300円(小学生以下)
幼児: 100円(3歳以下)
※入浴回数券(11枚綴券)6000円[/aside]

ひみ番屋街でお土産を選んだり、美味しい海の幸を堪能した後に温泉に浸かれば、心も体もホット、お財布もホットです。

営業時間は10:00~23:00(最終入館は22:00まで)で、毎月、土・日・祝日のみ、朝風呂7:00~の営業です。

総湯内にも、「ほっこり食堂」というのがあり、こちらの食堂だけの利用もできますし、美味しそうな日替わり定食もありました。

氷見は藤子F不二雄先生の出身地だけあって、氷見駅から番屋街までの道には、まんがロードと言って、ドラえもんやハットリくんにいっぱい出会える道があります。

徒歩20分ほどなので、晴れた日には氷見駅から徒歩での氷見観光をしてから、訪れるといいですよ。

注意ポイントは、傘を忘れないことでしょうか。

すぐお隣の石川県は、「弁当忘れても、傘忘れるな」というくらい雨の日が多い地域です。

氷見は車で1時間弱で石川県に着く位置にあります。

念のため、傘は必ず携帯することをオススメします。

ちなみに、名古屋からのバスでは、7回乗ると乗車券プレゼントのスタンプカードがもらえます。

終点、ひみ番屋街に行かなくても、このバスを利用して新高岡や高岡駅から、さらにお隣、石川県や新潟県に足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 
 
 
スポンサーリンク



 
 

タイトルとURLをコピーしました