【はまぐりプラザ桑名】三重県桑名市の蛤料理を楽しめる店6選!

日記

nanakoさん(@nanakhhh)がシェアした投稿

「その手は桑名の焼きはまぐり」ということわざがあります。

三重県桑名市とはまぐりにはどのような関係があるのでしょうか。

この記事では、桑名とはまぐりの関係をご紹介します。

併せて、桑名で美味しくはまぐりを食することができるお店もご紹介します。

はまぐりはどんな貝?

三重県桑名市の名産品に、はまぐりがあります。

はまぐりを漢字で書くと、蛤、文蛤、蚌、浜栗・・・と複数の字が使われる、大きさが8㎝から10㎝の二枚貝街です。

日本で流通しているはまぐりと呼ばれている貝には、「はまぐり」、「チョウセンはまぐり」、「シナはまぐり」の3種類があります。

この3種類の貝全てが、市場ではまぐり、はまぐり、蛤の名称で販売されています。

ある統計では、国内で流通しているはまぐりの約60%が「チョウセンはまぐり」であり、残りのほとんども「シナはまぐり」だとされていて、市場における在来種はまぐりの流通量はごくわずかだといわれています。

少しややこしいのは、「シナはまぐり」は外来種という分類で良いのですが、「チョウセンはまぐり」はれっきとした日本の在来種であるといわれていることです。

はまぐりの主産地

田畑明宏さん(@aki.tabata)がシェアした投稿

はまぐりは湾内に生息している内湾性の貝です。

昔は日本各地の沿岸で獲れたといわれていますが、現在では伊勢湾、鹿島灘、周防灘、有明海の一部とされています。

本来の国産はまぐりの減少分を埋めるために、チョウセンはまぐりやシナはまぐりを移植し 畜養する地域も現れています。

「蓄養」とは 輸入した貝を国内の管理できる状態の海浜に仮置きすることです。

もちろん再び掘り揚げる目的で仮置きします。

蓄養している期間が長いと蓄養した海浜が産地として認められている制度です。

小売店の産地表記だけでは、本来の国産との区別はつきません。

そんな中、桑名は、数少ない国内産のはまぐりが採れる貴重な産地の一つです。

はまぐりの旬は春先の2月~4月となっていますから、この時期のはまぐりがおすすめです。

はまぐりの調理法

はまぐりプラザ桑名

はまぐりはビタミンB1を壊す酵素であるアノイリナーゼを持っているので、生では食べることは危険が伴います。

でも、このアノイリナーゼは加熱することで不活性化しますので、はまぐり料理は加熱する料理法が中心となります。

kazuki hasegawaさん(@kazuking1973)がシェアした投稿

はまぐりには、鉄分、タウリン、鉄、亜鉛、ビタミンB12などを多く含み、貧血予防、動脈硬化、高血圧症予防、正常細胞の増殖に効果があるといわれています。

桑名とはまぐり

桑名は木曽川、長良川、揖斐川という木曽三川が伊勢湾に注ぐところです。

大量の淡水が伊勢湾最奥部に注ぎこみ、汽水域と干潟が形成されています。

この干潟がはまぐりの生息には適していたため、桑名のはまぐりとして有名になっていきました。

江戸時代の桑名は、11万石の城下町であり 東海道が通る宿場町でもありました。

東海道42番目の宿場町である桑名から隣の宿場四日市にかけての海岸に 焼きはまぐりの茶屋があったといわれています。

その焼きはまぐりを供する茶屋の中で有名だったのが富田の茶屋で、富田が桑名藩領であったことから、桑名のはまぐりとして東海道を旅する人々によって広まって行きました。

三重県桑名市・本場ではまぐり料理が食べられるお店

桑名には、はまぐりを供するお店が数多くありますが、ここでは高級なお店からリーズナブルにはまぐり料理を楽しむことができるお店までを、幅広く取り上げます。

記載の情報は、本ページ記載時のもので、変更されている可能性がありますので最新情報をご確認下さい。

蛤料理日の出

@mayumayu0527がシェアした投稿

江戸時代の桑名の街は、城下町であり東海道の宿場町でありました。

東海道には七里の渡しがあり、宮の宿(愛知県名古屋市熱田)から出た舟が到着する場所の側にあるのが、ここで紹介するはまぐり料理のお店日の出です。

通年提供されているはまぐり料理は、「はまぐり鍋」と「はまぐり会席」です。

はまぐり鍋には、はまぐりが12個付いていて、希望によりその内数のはまぐりを焼きはまぐりにすることができます。

はまぐり会席は2カ月毎にメニューが変わります。

[aside]店舗情報
店舗名:蛤料理日の出
店舗住所:三重県桑名市川口町19
営業時間:11:30~14:00, 17:00~22:00
定休日:水曜日
料金:はまぐり鍋¥8,000円(税・サ別)
はまぐり会席8,000円(税・サ別)~13,000円(税・サ別)~
座席:60席
予約の有無:完全予約制
電話番号:0594-22-0657 [/aside]

魚重楼

YukaΨ( ̄∇ ̄)Ψさん(@bellyyuka)がシェアした投稿

江戸時代から続く桑名の網元が1901年(明治34年)に創業したはまぐり料理のお店で、桑名の総鎮守社としての桑名宗社(春日神社)の近くにあります。

桑名蛤会席料理の中の、はまぐりの刺身やはまぐり寿司は定評があります。

焼きはまぐり、はまぐり鍋、時雨茶漬けも評判です。

旧赤須賀村(現桑名市赤須賀)の網元が始めたお店で、本場のはまぐり料理がいただけます。

[aside]店舗情報
店舗名:魚重楼
店舗住所:三重県桑名市南魚町31
営業時間:11:30~14:30, 17:00~21:00
定休日:水曜日
料金:桑名蛤会席料理¥8,000円(税・サ別)
座席:100席
予約の有無:予約することをおすすめします
電話番号:0594-22-1315 [/aside]

桑名丁子屋

JR桑名駅・近鉄桑名駅から徒歩で行く事ができる、桑名の中心部にあるはまぐり料理と日本料理のお店です。

焼きはまぐり、はまぐり酒蒸し、はまぐり味噌、はまぐり茶わん蒸し、蛤しぐれ茶漬け、はまぐり雑炊、はまぐりの赤だし等のはまぐり料理が楽しめます。

[aside]店舗情報
店舗名:桑名丁子屋
店舗住所:三重県桑名市寿町3-56-1
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:水曜日・木曜日
料金:酒蒸し膳¥3500(税別)焼きはま膳¥3500(税別)
   蛤づくし¥8000(税別)
座席:87席
予約の有無:予約することをおすすめします
電話番号:0594-22-6868 [/aside]

桑名市はまぐりプラザ「はまかぜ」

eizoさん(@eizobig)がシェアした投稿

はまぐりプラザ「はまかぜ」は桑名市が漁業の拠点である赤須賀地区に開設した複合施設の中にある食堂で、はまぐり料理が楽しめます。

焼きはまぐり、はまぐり丼、はまぐりうどんが人気のお店です。

桑名の漁港で食べるはまぐり料理は最高です。

[aside]店舗情報
店舗名:桑名市はまぐりプラザ「はまかぜ」
店舗住所:桑名市大字赤須賀86-21
営業時間:11:30~13:30
定休日:火曜日
料金:焼きはまぐり定食¥2000はまぐり丼¥1400、はまぐりうどん¥800
座席:48席
予約の有無:焼きはまぐり定食のみ予約できます
電話番号:0594-22-6010 [/aside]  

三重県以外で桑名のはまぐり料理が楽しめるお店

桑名周辺の三重県企業が県外で運営するはまぐり料理のお店をご紹介します。

桑名から直送のはまぐり料理が楽しめます。

貝新商店

beanさん(@kyoto_nat)がシェアした投稿

江戸時代に東海道を行き来する人に焼きはまぐりを提供する茶屋があった、旧桑名藩富田に近い天カ須賀にある貝問屋が、運営するはまぐ料理のお店です。

焼き蛤、蛤の朴葉味噌焼き、蛤しゃぶしゃぶ鍋が人気です。

名古屋で、貝問屋直送のはまぐりが楽しめます。

[aside]店舗情報
店舗名:貝新商店
店舗住所:名古屋市中区錦三丁目13-14 一二三ビル2F
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜日、祝日
料金:桑名産天然蛤しゃぶしゃぶコース¥6300~
座席:26席
予約の有無:予約することをおすすめします
電話番号:052-228-9245 [/aside]

はまぐり屋

Anri Yamamotoさん(@an1020)がシェアした投稿

桑名の漁港で入札権を持つはまぐり魚介類卸問屋が運営する、はまぐり料理のお店です。

桑名産天然大はまぐり焼き、焼はまぐり、はまぐりのしゃぶしゃぶが人気です。

他に名古屋市内に1店舗と東京都内2店舗があります。

[aside]店舗情報
店舗名:はまぐり屋錦店
店舗住所:愛知県名古屋市中区錦3-17-3 サンプラザビル1F-B(中2階)
営業時間:18:00~翌2:00
定休日:不定休
料金:はまぐりのしゃぶしゃぶコース¥4000(税別)
   桑名産天然はまぐりしゃぶしゃぶ コース ¥6000(税別)
座席:17席
予約の有無:3前日までに予約してください
電話番号:052-951-3123
   系列店舗:はまぐり屋錦三大津店
        桑名○貝 焼ハマグリ新三郎六本木ヒルズ
        伊勢桑名貝縁有楽町
        (メニュー、予約条件等が店舗により異なる場合があります) [/aside]

三重県桑名には、量が少なくなったとはいうものの天然のはまぐりが採れます。

また、桑名周辺には、はまぐりの蓄養施設もあり、はまぐりを扱う貝問屋や水産問屋も多く見られます。

こうした桑名には、はまぐり料理を食べることができる料理店があります。

桑名まで出かけることができない方は、名古屋市内や東京都内にも桑名のはまぐりが楽しめるお店があります。

はまぐりは、採ってすぐに調理できる素材ではありませんので、お店の利用時は事前予約をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました