定期考査で学年トップになるという目標、中学1年の3学期の期末テストでやっと達成できました。


やってきた勉強法は、塾は一切使わず、1学期から中学ポピー 10月からスタディサプリ中学講座の2つです。

この一年弱を振り返って、目標を達成するために意識してきた5つの方法を紹介します。

厄介なことは朝一番に片付ける朝型勉強にシフトした


勉強は大きなストレスのひとつです(←きっぱり)

人体は数種のストレスホルモンを分泌することにより ストレスに対応するようになっていますが、あまりにも負荷がかかりすぎると 心身ともにつらくなります。

だから意識すべきキーワードのひとつは「ストレス」の緩和…できるなら回避。

人体は起床してから20分くらいの頃が、ストレスホルモン分泌が最大値になり、時間の経過とともに緩やかに下降していくようなメカニズムになっています。

このストレスに耐えうる時間帯と状況をうまく利用しない手はないということで、うちでは早朝に勉強するスケジュールを組みました。

つまり、厄介なこと、難しい問題は朝学習でやっつけてしまうのが一番効率的と言えるのです。

数学のような脳みそに汗をかく勉強は、朝学習でやるのが 脳科学的にも理にかなった方法です。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="4089533847">

 
 

無駄な作業を削って効率を上げる


効率を上げるために意識していることは ざっくりいうと3つ。

ノートを取らない勉強法。

青ペン勉強法は最小限にしか使わない。

インプットばかりに時間をかけすぎない。

もちろんこれらの方法は科目の特性ごとに変えています。

ノートまとめは時間がかかりすぎて非効率だと思う場合は一切やりません。

青ペン書きなぐり勉強法は効率が良いとはあまり思えないため、最小限にしか使いません。

インプット以上にアウトプットの時間を割くほうが、息子君のやり方に合っていると思ったので、大切なことはアウトプットしながら覚えていくようにしています。

7時間以上の睡眠で頭の回転を上げる


昔はよく「四当五落」という言葉を耳にしました。

四時間睡眠なら合格するけど、五時間寝たら落ちる…ということなんですが。

今も昔もこの言葉、なんてナンセンスな!と思います。

そんなことは絶対にありえないでしょって。

しっかり睡眠をとらなきゃ、頭が回りませんよ。

そんな状態で時間ばかり張ったって、頭に知識が入るはずがない。

その人によりますが、息子君の場合はどんな状況にあっても、最低7時間は寝ないと調子が悪いです。

うちの息子君はショートスリーパータイプではないので、できれば8時間は寝ないとダメ。

だから睡眠時間は削らないように気をつけています。
 
 
 
スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="4089533847">

 
 

ためずにすむストレスならば ためない工夫をする


ストレスのコントロールって無視できないですね。

息子君の最大の楽しみはゲームです。

これを取り上げたら、いざ!という時に彼が踏ん張れないのを承知してるので、許容範囲内であれば、わたしはそれにあまり口出しをしないと決めています。

やりたいことや気になることがある時にはとりあえずそれをやらせないと 勉強していても集中力が保てなくなるので、これはある程度は仕方がないなあと思っています。

新しいゲームを買えば、丸一日がノー勉強デーになりますし(ほんとに1日中ゲームやってるwww)

どうしても気になるテレビ番組があるなら その視聴を優先します。

禁止すると逆にやりたくなるものなので「やっちゃダメ!」はできるだけ最小限にすると決めておいたほうが、気が楽というものです^^

頭の回転は栄養次第!6種のブレインフードを意識的に摂る


上位成績をキープしたい!と強く思っている人は 常に目標に向かって走り続けていると思います。

テスト前だけにガツンと勉強するのではなくて、普段からコンスタントにコツコツやっているはずです。

そういう努力を重ねている人は 世の中には大勢いますが、そんな中で勝ちぬく人と負ける人の差が出るのはなぜなのか?

それは摂っている栄養素にもあると思っています。

なんだかんだ言っても 食べてるものの影響は大きいですよ。

もの忘れなども栄養素を補うことで大きく改善されるくらいですから 頭の回転の良し悪しも 食べ物次第で大きく変わるはずです。

うちで気を付けていることは できるだけ毎日欠かさず、6種のブレインフードを摂らせること。

完全無欠は無理ですが、健脳食をできるだけ毎日摂ることを考えています。

6種のブレインフードは

■DHA・・・青魚など
■クルクミン・・・ウコン
■フラボノイド(ポリフェノール)・・・チョコレート、緑茶など
■ビタミンB12・・・魚,貝、のり、レバーなど
■葉酸・・・ブロッコリーなどの緑黄色野菜など
■コリン・・・肉、卵黄、レバーなど

この6種の中で 意識していても、なかなか十分な量が摂れないのは DHAとクルクミンですかね。

DHAは必要量を摂れないので、ドリンクに頼ってます。

みんなのみかたDHA口コミ!子供の頭を良くし大人のうっかりをなくすヨーグルトテイストドリンク




ウコンはカレーでも食べないとなかなか食事からは毎日は摂れませんし。

毎日カレー系の味付けばかりでは飽きるので、これは食事オンリーで毎日摂り続けるのはむずかしいかな。

だからといって、サプリメントで摂るということはしていませんが、カレーは定期的に食べてる感じなので、それで良しとしています。

クルクミンは海馬に働きかけるため記憶力が良くなると言われていますので、積極的に摂りたいですね。

それに、朝からカレーを食べると脳内への血流量が高まるので 試験当日の朝ごはんにカレーはもってこいだということです。

でも、試験当日にカレーを出したこと、ないな^^;