【漁港めし 市場めし】千葉県舟形漁港・千倉漁港の朝市バーベキュー

日記

市場で朝市バーベキューや新鮮魚貝が食べられる店

舟形漁港は房総半島の館山市北部にあり、東京湾の入り口の位置にあり沿岸漁業や定置網漁で水揚げをし、一年を通していろいろな魚が揚がります。

主に揚がる魚はアジ・イワシ・ヒラメ・サバ・マンボウなど、また海女漁も盛んなためアワビやサザエ・伊勢海老などの貝類も獲れます。

千倉漁港も舟形漁港と同じで、定置網漁はイワシやアジ、沿岸ではサバ・サンマ・イカなどが水揚げされます。

また、千倉の隣の和田浦には捕鯨拠点があり千倉町にもクジラ料理や加工技術の伝統があります。

ちくら漁港朝市の市場販売バーベキュー

千倉漁港の定置網で揚がった鮮魚や、クジラのタレ・カワハギの珍味・花・果物など地元野菜などが集まり賑わいを見せています。

ちくら漁港朝市では朝市で買った食材をその場でバーベキューにでき、新鮮ななまま食べられるようになっています。

自分で買ったものなので、金額を気にせず気のすむまでたらふく食えるのが魅力のひとつです。

[aside]ちくら漁港朝市
住所:南房総市千倉町平舘763-11
Tel:0470-44-1113[/aside]

館山なぎさ食堂の海鮮丼

館山なぎさ食堂は、朝獲れの新鮮な魚を使った定食・丼・海鮮パスタなど種類豊富で、窓から覗く景色は夕陽百選に選ばれた館山湾を一望できるオーシャンビューで、天気が良ければ富士山も見えます。

海鮮丼:新鮮な食材が鮮やかで食欲をそそり、種類な豊富でネタも大きく厚みもあり十分な食べ応えがあります。

朝の捕れたてなので鮮度はバツグンで素材独自の甘さを引き出し、口の中で身の弾力やとろける触感などそれぞれのネタの良さを堪能できる逸品です。

伊勢海老のリゾット:新鮮な食材をそのままリゾットに、伊勢海老のエキスがたっぷり浸み込んだ贅沢なリゾットで、そのほかの魚介のエキスも浸み込み複雑で優雅な味わいが楽しめます。

[aside]館山なぎさ食堂
住所:館山市館山1564-1
Tel:0470-28-4927[/aside]  
 
 
スポンサーリンク



 
 

茂八(もはち)寿司のたまご焼き

茂八寿司は、江戸時代の創業で船方漁港入り口に位置します。

テレビ取材も来るほどのインパクトのあるネタが人気を呼んでいて、シャリの大きさ、ネタの大きさ、アジの姿寿司などが目当てで足を運ぶ客が多いです。

一度は行きたい寿司屋のひとつです。

たまご焼きが強烈で、シャリも大きいのですが、それ以上に尋常じゃない大きさの厚焼き玉子、食べきれない人もいるようです。

ちらし寿司:これも厚焼き玉子がインパクト大で、店の看板商品になっています。

寿司同様にネタの大きさや何といっても巨大厚焼き玉子が4つも入っていて、最初の第一印象は???印象というより笑いが先に出ます。

しかし、ネタの鮮度や味は抜群に美味しいです。

[aside]茂八寿司
住所:館山市舟形1052-1
Tel:0470-27-2621[/aside]

はな房の王様丼

はな房は 道の駅ちくら潮風王国内にある料理店です。

千倉漁港から直送される新鮮な魚をふんだんに使い、クジラ・マンボウなど南房総ならではの食材を使った料理を提供しています。

王様丼:王様丼は登録商標されていて、見た目から王様の風格があります。

ネタは大きくたっぷり引き詰められ並べられていて、何より大きいのが伊勢えび、これこそキングと言った感じです。

鮮度、味ともに抜群の海鮮丼ですが、限定20食なのでお早めに。

クジラの握り:クジラはあったら絶対食べたい逸品です。

内陸ではなかなか味わえなくなったクジラ、生姜醤油でさっぱりいただきたいです。

[aside]はな房
住所:南房総市千倉町千田1051
Tel:0470-43-8871[/aside]

大徳家(だいとくや)のアワビの姿造り

創業140年を超える南房総最古のの寿司店です。

千倉漁港で水揚げされた魚介を中心に、南房総の新鮮な食材をふんだんに使った寿司などや一品料理を振る舞っています。

天然アワビの姿造り:獲れたて新鮮だからできる技、踊り食いができその鮮度をアピールしています。

素潜り漁が解禁になったら、是非食べたい一品です。

クジラ料理で有名です。

[aside]大徳家
住所:千葉県南房総市千倉町南朝夷1079
Tel:0470-44-1229[/aside]  
 
 
スポンサーリンク



 
 

タイトルとURLをコピーしました