英語をしゃべる回路のつなげ方!英会話を成立させるのは知識・回路・実践の3要素

 少しでも長く、多く英語に触れるのが王道なのはわかっている。

が、身近にネイティブスピーカーの友人もいないし、日本でフツーに暮らしていたら、英語で話す機会はそう多くはない。

「日本人は英語教育を6年も受けて、知識だけはあるんです。でも、それを発話につなげる“回路”が弱い」と指摘するのは、オンライン英会話レアジョブ英会話でカウンセラーを務める大西利武(さとむ)さんだ。

大西さんによれば、英会話を成立させているのは知識・回路・実践の3要素という。

学校で学んだ文法や読解力が「知識」

飛んでくる話題に何を投げ返すかを判断するのが「回路」

回路を通して出た答えを口に出すのが「実践」

大西さん
相手の言っていることはわかるのに言葉が出てこないとか、決まった言い回しに終始してそこから踏み出せない、という悩みは多い。
 
これは自分の中の知識を取り出す回路が弱いか、決まった回路しか使えていないということなんです。


その回路を鍛えるにはどうしたらいいのか。

ひたすら「聞く」「話す」を奨励する英会話スクールが多い中、大西さんは「書く」ことの効用を挙げた。

大西さん
わかっているのに返事できなかった人が、後でゆっくり考えて『そうか、ああ言えばよかったんだ!』と思いつく。
 
自分の中に答えはあったのに、とっさに取り出せなかったんです。
 
そこを訓練するには日本人の得意なライティングとリーディングを利用します。

話したいこと・話せなかったことを英文で書き出し、音読する。

さらにそれをレッスン前の「予習」に利用すると、より効果的だという。

今日は何を話題にするか、毎回自分なりの課題を英文メモにして用意。

レッスンが始まったらメモは見ずに挑戦して、つっかえるようなら、ちらっと確認する程度に。

その繰り返しがトレーニングになり「何をどう話せばいいかわからない」が解消されてゆく。

どうしても話題が見つけられない人は教材を活用する。

レッスン中、話題探しに時間を費やすのはもったいないからだ。

大西さん
テキストは単なる台本の読み合わせだ、と言う人もいます。
 
いわゆる『リピート・アフター・ミー』、おうむ返しですよね。
 
しかしそのおうむ返しが、実は大切なんです。

おうむ返しは基礎練習。

そこを起点に、さらに踏み込んだ練習をしないから発話ができないのだと大西さんは言う。

大西さん
人間は自分が発音できる言葉は聞き取れるし、逆もまたしかり。
 
なので、テキストの音読やシャドーイングで、聞き取れる・発音できる語彙を増やす。
 
問題はその先で、得た言葉を自分の言葉として使ってみること。
 
それこそが英会話のキモでス。

レッスンの終盤には必ず、新しい言葉を使い、教本の例文以外の文章を自分で作って話してみる。

そこまでやって初めて「使える言い回し」が増えるのだ。
via:AERA 2018/3/5号