英語話したい!が叶うネイティブキャンプとスピードラーニング口コミ



学校での英語の成績は良かったけれど、なかなか話せるようにならない…そういう方は多いのではないでしょうか。私もその一人でした。

「読む」「書く」勉強をいくらしても、いわゆる英会話はできるようにはなりません。

英会話ができるようになるには、そのための勉強が必要です。

ここで、私がこれまでに試してきた英語教材とオンライン英会話を、その効果や感想も含めて紹介します。

ライター:mh(TOEICスコア870)


スピードラーニング【聞く訓練】



私がまず最初に試したのが『スピードラーニング英語』です。

聞き流すだけで話せるようになる、という謳い文句に惹かれて、まずは中級の視聴用CDを取り寄せてみました。

スピードラーニングは心地よいクラシックのBGMが流れ、英語1文、その日本語訳1文、また次の英語1文・・・というふうに続いていきます。

内容は、日常の家の中でのこと、学校生活について、ハロウィンやクリスマスなどのイベントのこと、町の歴史や国の政治についてなどです。

スピードラーニングに難しいイメージを持っている方が多いですが、そんなことはありません。

スピードラーニングはプロゴルファーの石川遼選手が愛用していることで有名ですが、石川選手は子供用の『スピードラーニング・ジュニア』から聞き続けているということです。

スピードラーニングはとても聞きやすく、日本語訳がすぐに入るので 内容がわからないストレスも感じません。

私はこのときにいただいた視聴用CDをとても気に入ったので、すぐに本製品を購入して1年間聞き流しを続けました。
 

Hana Masaさん(@masako_hana)がシェアした投稿

 
本当に聞き流すだけで話せるようになれたかというと、そういう訳ではありません。

しかし、英語のリズムを聞き慣れてきた効果でリスニング力は格段にアップし、TOEICスコアもグンと上がりました。

毎日英語のシャワーを浴び続けることで ネイティブが話す英語の塊が少しずつほどけて聞こえるようになった点が 最大の収穫でした。

聞き取れないところやわからない単語を1か月遅れて送られてくるテキストを見て確認したり、CDに合わせて1文ずつ音読しながら難しく感じた部分をフォローしていくことで 自分が聞き取りづらいウィークポイントが明確になっていきます。

まず相手の英語を聞き取れなければ会話は成立しませんから、英会話に力を入れようと思ったら、同時にリスニング力のアップも必須です。
 
 

 
 

オンライン英会話 ネイティブキャンプ Native Camp【話す訓練】



英語を「話す」には、「話す」練習をしないと永遠に話せるようにはなりません。

音楽をいくら聴いても、楽器が弾けるようにならないのと同じです。

そこで私が始めたのが、オンライン英会話です。

オンライン英会話は、スカイプや専用アプリで、海外にいる講師と会話の練習が出来るシステムです。

ほとんどのオンライン英会話で、月5000円〜8000円くらいのコースですと、講師はフィリピン人です。

最近はフィリピンのセブ島が英会話留学のメッカになっていて、小さい頃からアメリカ英語を話してきた、アメリカの大学に留学していた、という方がとても多いらしく、皆さん訛りの少ないとても綺麗なアメリカ英語を話します。

東ヨーロッパの講師もたまにいますが、こちらはイギリス英語に近い発音です。

アメリカやイギリスのネイティブの講師も選べますが、料金は3倍くらいになりますし、個人的には、フィリピン人講師のようなノンネイティブでも十分かと思います。

数あるオンライン英会話の中で、私はオンライン英会話 ネイティブキャンプを選びました。

■料金が比較的安い
予約不要でその場ですぐにレッスンが始められる(24時間365日好きな時にレッスンOK) 
■毎日回数無制限でレッスンが受けられる
■スカイプのインストールが不要で、専用アプリでスマホ、タブレットからもレッスン可能
■自分のレベルに関係なくその時に好きな教材を選べる

・・・などの理由から選びました。

PCでもスマホでもレッスンが受けられ、教材は画面に表示されます。

芸能人でも利用者がたくさんいるようです^^




 
ネイティブキャンプの教材はとてもわかりやすく、1回のレッスンで1つの文法を学んでいけるものもあります。

例えば、今回は過去分詞について、次は仮定法について、という感じです。

そして1回のレッスンは25分です。

レッスンの流れは、まずお互いに自己紹介、その後、単語の発音の練習、会話文を交互に音読、それに関しての質問に答えます。

最後にフリートークがあり、与えられたテーマについて、その日に学んだ文法を使って自由に話します。

間違ったところを講師が指摘してくれたり、より良い表現をアドバイスしてくれます。

テキストレッスンの合間に、世間話もしてくれます。

例えば、
今そちらはどんなお天気?
暑い?寒い?
こちらは昨日台風が来て、床がびしょ濡れで大変よ。
最近何か面白い映画はあった?
こちらでは○○が公開されていて面白いよ。
ぜひ観てみて。

・・・といった感じです。

いきなり英語で世間話をするのは難しいのですが、何とかひねり出した言葉の意味を一生懸命に汲んでくれて、正しい言い方を教えてくれたり、スピードを合わせてゆっくり話してくれたりします。

結局、この「アウトプット」の訓練をしないと、英語を話せるようにはならないのです。

自分の言いたいことを苦しみながら何とかひねり出す、この作業を積み重ねていくことで、ようやく英会話ができるようになるのです。

もちろんそれにはリスニング能力も必要ですし、ある程度、単語や文法の知識も必要です。

大人になってから母国語以外の言語を話せるようになるには、やはりそれ相応の努力が必要で『聞くだけで、勝手に口から英語が出てくる』というのは、難しいです。

積極的に「話す」訓練を積んでこそ頭の中に英語の回路が出来上がりますし、それによって頭の中で日本語で考える余地を与えないうちに口からパッと英語が飛び出すようになっていきます。

そういった「話す」ための訓練+コスパの高さを考慮すると、オンライン英会話の右に出るサービスはありません。

特にネイティブキャンプの場合はスカイプなどのセットは不要で、専用アプリを使ってスマホでレッスンが受けられ、事前予約も要らないという3拍子揃った画期的なシステムですので、「英会話の練習ができない」理由は見つかりません。

ネイティブキャンプなら早速 今日からでもレッスンが始められますよ^^

まずは7日間の無料トライアルから始めてみてはいかがでしょうか。