スポンサーリンク

佐藤ママの1万冊読み聞かせと0歳児の絵本おすすめ人気ランキング

佐藤亮子さん(東大ママ)の「3歳までに1万冊」の読み聞かせはいつからどんなふうにやっていた?

佐藤亮子 東大ママの絵本

佐藤亮子さん(佐藤ママ)は、自分の息子3人と娘1人を東大理Ⅲに合格させた凄腕教育ママさんです。

東大に1人合格させるだけでもすごいのに、4人も合格させるというのは、佐藤ママの教育が本物だという証拠です。

via:AERA

佐藤ママの教育は赤ちゃんのうちから始まっています。

佐藤ママは、赤ちゃんに童謡と絵本を徹底的に触れさせることを考えました。

「子どもの耳にはまず、きれいな日本語を入れたいと思いました。 
 
絵本は人間のいちばんいい部分を言葉で紡いでいます。
 
そういうものに、人生の最初に触れさせたいという思いがありました。」

英語よりもまずはきちんとした日本語を覚えさせる、というのが佐藤ママの東大合格への教育のスタート地点になっています。

佐藤亮子さんが読み聞かせを始めたきっかけは?

「長男を授かったとき、自分の希望する道に進めるよう、能力を最大限に伸ばしてあげたいと思いました。
 
教員の経験もあるので、子どもたちの未来を開くのは、『教育』だと考えました。」

佐藤ママが読み聞かせを始めるようになったきっかけは、長男が6カ月の時に見学した「公文式教室」

そこで掲げられていたスローガンが「うた200、読み聞かせ1万、賢い子」というものでした。

佐藤ママはそこで、3歳までに絵本を子供に読み聞かせ、子供と言葉を通じたコミュニケーションをとると、「言葉の能力と感性が育つ」という事を学びました。

毎日、何冊も読み聞かせ、日本の文化や考え方を子供の心に植え込ませることが佐藤ママの狙いです。

言語は早めに習得すると思考力に直結し、少しずつ高い水準の日本語に触れさせることで、ボキャブラリー(語彙力)や自己表現力も身に着けることが出来ます。

そして「3歳までの絵本を1万冊読み聞かせる」というのが佐藤ママの最大目標で、そのために一日に「15冊」などの目標を決めて読み込ませました。

「『1万』の意味を考えてみると、人の才能を開花させるのに目安となる数字なのかもしれません。
 
例えば、司法試験に合格するには1万時間の勉強が必要と聞いたこともあります。

15冊と聞くと、『多い!』と感じるかもしれませんが、赤ちゃん向けの絵本は短くて、すぐに読めます。
 
『もう一回』と言われ、再度読んだら2冊とカウントします」

3歳から逆算して一日何冊読ませれば1万冊を達成することが出来るかを考えて本を読み聞かせます。

そして、「見える化」も大事だという佐藤ママは、その日に読む本を食卓に積んで、家事の合間などにも本を読み聞かせます。

こうすることで家事に忙しい主婦でも、すき間時間を利用しながら本を読み聞かせることが出来るのです。

佐藤亮子さん流 本の読み方、選び方

本の読み聞かせ方も佐藤ママのこだわりがあります。

絵本は親の声で読むことが大切だと語り、本を読む「演技力」で子供は怖がったり、喜んだり、悲しくなったり、笑ったりします。

そうすることで子供は感情が発達すると佐藤さんは考えています。

絵本の選び方は、佐藤ママは種類が多すぎて迷ってしまうといいますが「くもんのすいせん図書一覧表」を参考にしたということです。

それを足がかりに 佐藤ママは絵本の世界を広げていきました。

次第に絵本を選ぶコツがわかってきますから 私達も失敗を恐れずに試行錯誤しながら絵本を選んでみましょう。

佐藤ママは有名どころの本は全部読み聞かせており、五味太郎さんや 長新太さんの本がお気に入りです。

試行錯誤を重ねながら長男に目標の絵本1万冊を達成したのは誕生日の前日で、記念すべき1万1冊目は佐藤ママではなく、旦那さんが読み聞かせをしました。

「主人は『ママ~。何も変わらないよ』と不思議がりました。
 
達成した途端に、長男に劇的な変化が訪れると思っていたみたいです(笑)
 
でも、1万冊の読み聞かせは、言葉や感性、優しさを育てることにつながったと思います。」

スポンサーリンク



 
 

0歳児でもちゃんと聞いている!?赤ちゃんの絵本の読み聞かせ 5つの効果

0歳児の赤ちゃんの絵本の読み聞かせの効果

 

0歳児からの絵本の読み聞かせで子供が本好きになる!

赤ちゃんからの絵本の読み聞かせのいちばんの効果は、子供が本好きになることです。

赤ちゃんの頃から読み聞かせをしてきた子は絵本が大好き、本読みが大好きになる傾向が強いです。

言葉を早く話し始めることもある

読みきかせをたくさんしてもらった赤ちゃんは、おしゃべりが始まるのが早い傾向にあるようです。

絵本が脳に刺激を与える=たくさんの絵や言葉を覚えられる

本を読むことでたくさんの言葉を覚えることが出来ますから、絵本は脳にどんどんプラスの刺激を与えてくれます。

赤ちゃんの絵本には「ぶーぶー」などの擬音が多く、赤ちゃんが真似しやすい言葉が多く出てきます。

擬音は言いやすいので、赤ちゃんは一生懸命ママの言葉を真似しようとしたりします。

他人の気持ちに共感できる子供に育つ

絵本をたくさん読み聞かせることは、他人の気持ちを知ろうとしたり理解しようとする子に育つ手助けをします。

それにより、自然と空気が読めるようになったり、協調性も同時に育まれますから、他人とのコミュニケーションを図れる大人になれるかもしれません。

親子のスキンシップ&コミュニケーションの時間を共有できる

赤ちゃんに絵本の読み聞かせする大きなメリットは、親子のスキンシップが増えるところにもあります。

赤ちゃんは大好きなお母さんの声が聞ける時間、またお母さんも赤ちゃんの反応に癒される時間。

親子に共通のコミュニケーションタイムができるのです。

赤ちゃんの絵本の読み聞かせは離れた所ではできませんから、おのずとスキンシップもたくさんとれ、赤ちゃんの情緒も安定します。

まだねんねの頃にはゴロンと寝転びながら、おすわり出来るようになったらお膝の上で、そんな幸せな読み聞かせの時間を親子で共有できます。

赤ちゃんの絵本、3ヶ月齢からのおすすめは?

私も子どもに絵本を選ぶときたくさんありすぎて悩みました。

1番初めに紹介したはらぺこあおむしは私の娘のファーストブック」でした。

実は,はらぺこあおむしは絵本のストーリーが歌にもなっていて,絵本を読むのが苦手でも歌にしてとんであげられるんです。

赤ちゃんが機嫌が悪くグズグズ言いだしても,毎日読んでいるはらぺこあおむしの歌をうたいだすと気がまぎれたりと色んなシーンで役にたちました。

息子のファーストブックは,だるまさんがシリーズでした。

日々,子育てや家事や仕事などたいへんだけど,お気に入りの絵本に出会うと そこから家族の笑い声がしてきます。

長期に渡って愛されていて,赤ちゃんから幼児期まで息が長く読み聞かせできる代表的な絵本を紹介します。

はらぺこあおむし(エリック・カール)

とにかくカラフル!!

エリック・カールの絵本の特徴は美しい色彩が魅力。

子どもの好きな食べ物はとってもおいしそうで お空で見守ってくれているおひさまやおつきさまは優しい顔で描かれています。

ストーリーも,テンポ良くあおむしがごはんを探しに出かけて行く先々でパクパクたくさん食べて 最後にはきれいな蝶々になる、簡単だけど力強いストーリーになってます。

数字や曜日,1日の始まりから終わりまでが描かれているので 年齢を重ねても,何度も何度も読み聞かせてあげられる本だから 人気があるのも納得です。

本のサイズも様々なサイズ展開があって見やすい定番の絵本のサイズや,大きなもの,お出かけの時にバッグに入れやすい小さなサイズのものまであるので,シーンに合わせてつかいやすいのもいいです。

素材も薄いものや,ひぱったり,くわえてしまっても破れにくいハードなものもあるので、赤ちゃんから安心して絵本に触れさせてあげる機会が増えるのは間違いないですね。

いないいないばぁ(松谷みよ子,瀬川康男)

この絵本はとてもシンプルなストーリー。

にゃあにゃ,くまさん,ねずみさん,きつねさんと次々に絵本の中のお友達がいないいないばぁ!!

0歳児ベビーはいないいないばぁが大好き!

ページをめくりながら,「いない…いない…ばぁ!!」と読んであげると,ケラケラ笑いだすし,赤ちゃんがストーリーを覚えだすと手で顔を覆ってまねするよううになってきます。

その姿がとってもかわいらしくて何度も読んであげたくなります。

赤ちゃんとコミュニケーションをとるのにもってこいの絵本だから,ママだけではなくパパも一緒に赤ちゃんと楽しめます。

赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方に悩んでいるママ,パパにおすすめの1冊です。

だるまさんシリーズ「が・の・と」(かがくい ひろし)

大人が読んでもほっこりクスクスしちゃう!

この絵本は3冊のシリーズになっていて,好きなお話を選ぶも良し!

まとめて3冊セットにするも良し!

ストーリーはひたすら「だるまさんが転んだ」のようなテンポで ページごとにだるまさんがぷくーっと膨らんだり,おかしな動きをしたり とにかく表情が色々で,笑ったりビックリしたり。

だるまさんが…転んだ!といかないところがまた面白いところで 大人は何で?となるけれど,赤ちゃんの方はケラケラ。

白いページに大きく赤いだるまさんが登場するので赤ちゃんの目にも入りやすくて,だるまさんのおかしな動きのたびにくりだされる赤ちゃん心をくすぐるさまざまな擬音語が続きます。

何度も読んでると覚えてしまうけど それでも何度も読みたくなってしまいます。

赤ちゃん期だけにとどまらず少し大きくなるまで楽しめる絵本です。

おつきさまこんばんは(林明子)

静かにねんねの前に。

赤ちゃん期はもしかするとなかなか興味を示さないかもしれませんが 夜眠る前に落ちつた気持ちで静かに読んでみてあげてみて。

夜がきておうちのお屋根の上におつきさまがでてきます。

お屋根の上にいたねこちゃんが「おつきさまこんばんは」

下の方にいたねこちゃんもお屋根の上に登ってき「おつきさまこんばんは」

おつきさまは優しいほほえみ。何だか安心するお顔。

ところが…あれあれ,おつきさまが雲さんに隠れてしまいそう。

おつきさまは哀しいお顔に…。

繰り返し読んで赤ちゃんが絵本のストーリーが分かってきだすころには,おつきさまの表情にあわせて,「おつきさまこんばんは」とあいさつしたり ダメダメ!と心配そうな顔をしたりするようになってきます。

夜がきてねんねの時間ですよの合図の1冊に。

 

めくってモー!おでかけ布えほん(フィッシャープライス)

小さな牛さんがカラフルな絵本のなかを散歩するお話。

お散歩の途中で色んなお友達に出会います。

ぶたさん,にわとりさん,ひつじさん,はちさん,おひさまなどたくさんのお友達に出会います。

出てくるたびに名前を教えてあげるといいですね。

また,この絵本のいいところは布でできていること。柔らかい感触で赤ちゃんのてでもめくりやすいです。

何でも口に入れてしまう赤ちゃんだけど この絵本はネットに入れてお洗濯できるんです。

牛さんにはリンリンなる鈴が入っていたり,絵本のページの中には 牛さんが入れるポッケがついていたり仕掛けがいっぱいです。

ベビーカーなどにも取り付けれるフック付きなのでいつでも牛さんと一緒にお散歩できます。

安心して赤ちゃんに持たしてあげられる絵本です。